エルトン・ジョン、BTSの曲で言及されたことに「とてもクール」

ツイート


Photo by Greg Gorman


全米(Billboard Hot 100)で1位に輝いたBTSの楽曲「Permission to Dance」にエルトン・ジョンの名前が登場するが、エルトンはこれを光栄に思っているそうだ。

◆エルトン・ジョン画像、動画

先月、「ありがとう、BTS。ARMYに愛を」と、同曲に合わせ歌ったり踊る動画を公開していたエルトンは、英国のラジオ番組『The Official Big Top 40』のインタビューであらためて、嬉しかったと話した。

「BTSのような人に名前を挙げられるなんて、とてもクールだ。ビックリするよ。僕は新しく、若い人たちの音楽が大好きだからね。インスピレーションをもらえる」

エルトンは「昔の音楽は大好きだ」が、「ホリー・ハンバーストーンだったりザ・キッド・ラロイだったり、新人による素晴らしい音楽を聴くと、“自分がそれくらい若いとき、こんなことができたら良かったのに”って思う」という。





「Permission to Dance」は、BTSにとって「Dynamite」「Life Goes On」「Butter」に次ぐ4曲目の全米NO.1シングル(フィーチャリングを含むと5曲目)となった。「When it all seems like it’s wrong / Just sing along to Elton John(何もかもが間違っているように感じるときは、ただエルトン・ジョンの曲に合わせて歌えばいい)」と、エルトンの名が登場する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報