ビリー・アイリッシュ、『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』から「オキシトシン」映像公開

ツイート


ビリー・アイリッシュが最新アルバム『ハピアー・ザン・エヴァー』に収録されている全16曲を歌い上げるライブ映像『ハピアー・ザン・エヴァー:L.A.へのラブレター』が、ディズニープラスで9月3日(金)に独占配信される。これに先駆け「Oxytocin (オキシトシン)」の映像が、ビリーの公式YouTubeチャンネルで公開された。

本オリジナル作品では、ビリーがディズニーキャラクターのようにアニメ化されるシーンも含まれており、ファンは見逃せない貴重な映像と言える。監督を務めたのは、ロバート・ロドリゲスとアカデミー®賞で短編アニメーション賞を受賞したパトリック・オズボーン。ライブ会場は、カリフォルニア州で数々の伝説的なアーティストがライブを行った野外音楽堂、ハリウッド・ボウルである。



なお音楽では、ビリー・アイリッシュの兄であり唯一のコラボレーターのフィニアスに加え、ロサンゼルス・チルドレンズ・コーラス、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でも指揮者を務めた世界的音楽家のグスターボ・ドゥダメル率いるロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団など、盤石の布陣が揃っている。



なお、この作品に関して、ビリー・アイリッシュは次のとおりにコメントしている。

  ◆  ◆  ◆

「ディズニーはシンボル的存在なので、今回のように一緒に作品を制作するができることはとても光栄。私のアルバムをこのような形で発表し、私が愛し、育った街に捧げることができるのはとてもエキサイティングなこと。皆さんに気に入っていただけると嬉しい」

  ◆  ◆  ◆

この記事をツイート

この記事の関連情報