BOSS、完全ワイヤレスのヘッドホン型ベースアンプ『WAZA-AIR BASS』を10月に発売

ツイート

BOSSが、完全ワイヤレスのヘッドホン型ベースアンプ『WAZA-AIR BASS』を10月に発売する。

『WAZA-AIR BASS』は、2019年に発売されたワイヤレス・パーソナル・ギターアンプ・システム「WAZA-AIR」の基本コンセプトをそのままに、搭載アンプ、エフェクトをベース用に最適化。さらに、効率的な練習をサポートするリズム機能を追加したベーシスト専用モデル。


一般的にベースなどの低い周波数の音は壁や床に伝わりやすく、アンプを使用した演奏や練習は、音量に配慮が必要な自宅などの環境では簡単ではない。音漏れしないようにヘッドホンを使用した場合ではサウンドから臨場感が失われる傾向があり、また長時間の使用は耳への負担も大きくなる。

『WAZA-AIR BASS』は、独自の立体音響テクノロジーにより、ヘッドホン・タイプでありながら自然な音の広がり、共鳴、そして楽器が鳴ることで生まれる「空気の動き」まで体感することができる。内蔵のジャイロ・センサーによりプレイヤーの頭部の動きを感知し、その動きに合わせて音の響き方やアンプ・サウンドの定位が変化。スタジオでベースアンプを鳴らした時のような部屋鳴り感や、アンプのサウンドとストリーミング再生した楽曲のサウンドが背後から聴こえ、バンドをバックにステージでパフォーマンスしているかのような感覚を楽しむことができる。


『WAZA-AIR BASS』は、スマートフォンとのBluetooth接続に対応し、オーディオ・ストリーミングや、専用アプリ「BOSS TONE STUDIO」を使用した音色エディットも全てワイヤレスで行うことが可能。さらに、内蔵リズムとしてメトロノームやアコースティック・ドラムなど、豊富なパターンを搭載し、リズム感を養うトレーニングなど練習をサポートする機能も充実している。


ベースアンプは5つのタイプを搭載。クリーンでパンチの効いたモダンなサウンドから、ヴィンテージ真空管アンプをドライブさせたサウンドまで幅広いスタイルに対応。エフェクトはコンプレッサー、オーバードライブ、EQ、タッチ・ワウはもちろん、モジュレーションや空間系、オクターブ、ベースシンセ、リングモジュレーターまで幅広い選択肢を用意。専用アプリの「BOSS TONE STUDIO」(iOS/Android対応)からワイヤレスで音色のエディットができ、セットアップしたサウンドは6つまで本体メモリーに保存可能。『WAZA-AIR BASS』本体側面のボタンからすぐに呼び出すことができる。

豊富な内蔵リズムにより効率良く、楽しくリズム・トレーニングを行うことが可能。専用アプリ「BOSS TONE STUDIO」より、10種類のアコースティック・ドラムのパターンや、5/4や7/4のような拍子を含む32のバリエーションを揃えたメトロノームから好みのタイプを選択して再生することができ、BPMやリバーブの設定も簡単にできる。さらに、アプリ内にこれらの設定を6種類まで保存することができ、ジャム・セッション感覚で練習したいと思った時に、すぐに好みのリズムを鳴らすことができる。

音場は3つのモードから選択可能。「サラウンド・モード」では、スタジオでアンプを鳴らしているかのような部屋鳴り感を再現。「スタティック・モード」では、ジャイロ・センサーがプレイヤーの頭の動きを感知し、目の前にあるアンプが、現実の空間と同じようにプレイヤーの動きに合わせてリアルな定位で鳴り響く。「ステージ・モード」では、ステージ上でパフォーマンスしているかのように、背後からアンプとスマートフォンからストリーミングした楽曲や内蔵のアコースティック・ドラムのサウンドが聞こえてくる音場を作り出す。全てのモードでアンプのサウンドが実際に空気を伝わり耳へ届くようなリアルなサウンド・スケープを体感できる。


「完全ワイヤレス」で設計された『WAZA-AIR BASS』は、楽器の接続からオーディオの再生まで、ケーブル接続が一切不要。楽器にトランスミッター(送信機)を接続し、あとは『WAZA-AIR BASS』を装着するだけで演奏を始めることができる。定評のある「BOSS WLシリーズ」から受け継いだワイヤレス技術により、超低レイテンシーかつ自然な弾き心地と高品位なサウンドを実現している。

『WAZA-AIR BASS』は、カスタム設計された口径50mmのドライバーを搭載。ベースのサウンドはもちろん、楽曲の再生にも最適な設計。フィット感の高いイヤー・パッドと幅広のヘッド・バンドは長時間の使用による疲労を軽減。また、イヤー・パッドとスライダーの連結部を回転させることでフラットに折りたたむことが可能、ギグ・バッグのポケットにもスムーズに収納できる。

『WAZA-AIR BASS』は充電式バッテリーを採用。本体は約5時間、付属のトランスミッター「WL-T」は約12時間の連続使用が可能(いずれもフル充電時)。また、バッテリーの消耗を抑えるオート・オン/スタンバイ機能を搭載している。


製品情報

ワイヤレス・パーソナル・ベースアンプ・システム 『WAZA-AIR BASS』
発売時期:2021年10月
仕様
『WAZA-AIR BASS』(本体)
質量:320g
「WL-T」(トランスミッター:同梱)
外形寸法:87(幅)×32(奥行)×36(高さ)mm
質量:43g
専用キャリングケース
本体、トランスミッター、USB充電ケーブルを収納可能なケース「CB-WZ-AIR」(別売:オープン価格)も用意。既に発売しているギター用の「WAZA-AIR」も収納可能。

関連リンク

◆製品詳細
この記事をツイート

この記事の関連情報