【インタビュー】果歩、“きみ”と過ごしたいろんな街を思う新EP

ツイート

■ホワッとしているとか、あったかいとか、"愛"に近いイメージ

──ちなみに1曲目の「きみの住む街」も首都高速が見える景色の中での心情が描かれた東京らしい曲ですが、最後の部分でちょっとドキッとするような語りが聴こえてきますね。

果歩:好きな人がいても、全部を信じられるわけじゃない。そういう気持ちを隠し持ちながら生活するっていうのは、難しいと思うんですよ。本当はわかって欲しいけど言えない…みたいな本心を、その部分で表現できたらいいなと思ったんです。

──正式な歌詞としては出ていないのでうまく聞き取れないところもあったのですが、イメージとして、本編で歌われていることとのギャップが怖いくらいでした。だけどそれって、たぶん女の子の本音なんだろうなとも思いました。

果歩:そうですね。サビの部分では割とツンツンしてるじゃないですけど、女の子って、わざとそうやって自分の気持ちを確かめるみたいなところがあるんじゃないかなと思って。曲の中にも「好き」っていう気持ちはめちゃくちゃあって、実際にすごく好きなんだけど、相手からの気持ちが伝わってこない。どう思っているのか本当のところがわからないんだけど、だからと言って「どう思ってるの?」とかは聞けないし、むしろ聞きたくないと思っちゃうんですよね。

──めちゃくちゃわかります(笑)。

果歩:(笑)。そんなの自分が「好き」と思った時に言ってよって思っちゃうし、好きじゃないならわざわざ言わなくていいし…とかも思っちゃう。そういうことが、本編で(言い)足りなかったのかな。もっと本当に言いたいことがあるんだけどやっぱり言えないみたいな遠回り感が本編で出ていて、最後にバババッと本音。聞き取れていたら嬉しいけど、「(相手に対して)あんたどうせ聞き取れないんでしょ」みたいな感じ(笑)。

──それ、果歩さんらしい切り口ですよね(笑)。個人的には、その感じは「オレンジ」にも出ているなと思いました。

果歩:「オレンジ」は、始まりそうで始まらなかったみたいなイメージ。この曲も、本音が言えなくて終わっちゃったみたいな感じの曲ですね。

──この曲の「車に乗せてよ、乗せてよ」って、ものすごいキラーワードですよね。最近のJ-POPではたぶん使われていない、あまりにも真っ直ぐな言葉というか。

果歩:確かに(笑)。うんうん、キラーワードかもしれないですね(笑)。

──そういう言葉のチョイスも果歩さんらしさ全開だなと思いましたが、「残暑」で聴こえてくるコーラス、しかもそれが男性というのはこれまでの果歩さんの楽曲にはなかった展開だなと思いました。

果歩:あのコーラスは、シンガーソングライターの大野雄介さんです。もともと、今回は男性コーラスを入れたいと思っていたんですが、「オレンジ」にするか「残暑」にするかギリギリまで迷っていたんですよ。でも「残暑」を、お部屋で一緒に歌っている感を出したらすごくいいんじゃないかということで、お願いをしたんです。今回初めてお会いしたんですが、いろんなアイデアも出してくださって、いろんなパターンで歌ってくださって、すごくいいお兄さんでした。

──この曲もMVを撮影されるそうですね。(※取材時)

果歩:はい。女優の葵うたのさんに出ていただいた「きみの住む街」はすでに公開されているんですが、「残暑」には私のお友達でもある女優さんが出てくれています。ずっと出て欲しいなと思って愛を送り続けていたんですが、今回やっと出てくれることに(笑)。完成を楽しみにしていてください。


──最後の「光のなかにいてね」についてはどうですか?

果歩:身近にいたある人のことを守ってあげたいなとずっと思っていたんですが、そういう気持ちで書いた曲です。その人とお別れをして、その後共通の友達から話を聞いたり、SNSを見たりする中で、元気にやっているんだなっていうのがわかったんですね。それで、あぁ、私がいなくても1人で幸せに過ごせる力、持ってるじゃん。やっぱりこうやって別々に過ごした方がお互い自立できるし、よかったよねって気持ちになったんですよ。ちゃんと朝起きて夜眠る生活とか、自分で散歩しに行って空気を吸ってることとか、バイトも頑張ってるとか、そういうふうに生活しているんだなって感じられて、すごく嬉しいなって思ったんです。ずっとその幸せな感じで光の中にいてねって思いながら書きました。

──果歩さんが曲の中で使う「光」という単語は、何かをパキッと照らすものではなく、それ自体が発光しているようにボワッと包み込んでいるように感じるんです。勝手なイメージですけど。

果歩:この「光のなかにいてね」もそうですが、私の中でもホワッとしているとか、あったかいとか、"愛"に近いイメージなんですよね。だからピカーン!としていると言うよりは、その人のオーラじゃないけど、確かに何かこう、纏っているような感じはありますね。

──いろんな街でいろんな景色を見て、いろんなことを感じたり考えたりするんだけど、最後にこの曲が入っていることで、安心して眠れるような気がします。

果歩:あったかい気持ちで書いたから、そう言うふうに感じてもらえると嬉しいです。みんながほっとするというか、そんな気持ちで聴き終えてくれるといいなって思います。

──リリースツアーも楽しみですね。

果歩:はい。去年はツアーができなくてなかなか会いにいく機会がなかったし、ライブ自体もグッと減ったりして。今回は久しぶりのツアーなのですごく楽しみです。大阪と名古屋は弾き語りで、東京と私の地元である新潟の2本はバンド編成でのワンマンライブ。人数制限などいろいろありますが、無理のない感じでぜひ来ていただけたらと思うし、私も精一杯みなさんに向き合いたいなと思っているところです。

取材・文◎山田邦子

▲『きみと過ごした街のなかで』

EP『きみと過ごした街のなかで』

2021年9月1日(水)リリース
MKLP-005/¥1,650(税込)
発売元:make lip records
販売元:PCI MUSIC
1. きみの住む街/2. 残暑/3. 東京/4. オレンジ/5. 光のなかにいてね

<果歩「きみと過ごした街のなかで」リリースツアー>

■2021年9月16日(木)
大阪・南堀江knave
OPEN / START:17:30 / 18:00
前売:¥2,500
当日:¥3,000+1Drink
出演:果歩(弾き語り)/斉藤れいか/ミユキミユ/pod'z/荒金理香
チケット:knave WEB予約
(http://www.knave.co.jp/schedule/mail.html)
[問]knave06-6535-0691

■2021年9月17日(金)
愛知・名古屋sunsetBLUE
OPEN / START:18:30 / 19:00
前売:¥2,500
当日:¥3,000+1Drink
出演:果歩(弾き語り)and more..
チケット:sunsetBLUEメール予約

■2021年9月28日(火)
東京・下北沢SHELTER
OPEN / START:18:00 / 18:30
前売:¥3,000
当日:¥3,500+1Drink
出演:果歩(バンド編成)
チケット:SHELTERメール予約

■2021年10月6日(水)
新潟・新潟CLUB RIVERST
OPEN / START:18:30 / 19:00
前売:¥3,000
当日:¥3,500+1Drink
出演:果歩(バンド編成)
チケット:RIVERST店頭販売
[問]025-250-0430

この記事をツイート

この記事の関連情報