エド・シーラン、ファッションでようやくエルトン・ジョンから認められる

ツイート

エド・シーランはこれまで、長年にわたり、エルトン・ジョンからファッションをこき下ろされてきたという。しかし、GQメン・オブ・ザ・イヤーのセレモニーで着用したスーツでようやく認めてもらえたという。

◆エド・シーラン画像

ソロ・アーティスト賞を受賞したシーランは水曜日(9月1日)、ロンドンで開かれたセレモニーに上着がカラフルなヴェルサーチェのスーツ姿で登場。『The Sun』紙にこう話した。「変な感じだよ。僕はずっとスーツが大嫌いだった。居心地悪く感じるんだよ。でも、これは大丈夫。すごく独特でしょ。エルトンが、ドナテラ・ヴェルサーチェを紹介してくれて、“これでいこう! ビッグな夜だし、久しぶりに出かけるんだから”って思ったんだ」

「今日、ここに来る前にエルトンとFaceTimeし、これを見せたんだ。彼は僕の服について退屈だってずっとこき下ろしてた。僕はファッション・ガイじゃないからね。エルトンはこれを気に入ってたよ。エルトンが承認してくれた」





今年の<GQ Men Of The Year>は以下の人たちが受賞した。

   ◆   ◆   ◆

●ヒーローズ
Professor Sarah Gilbert
Dr. Catherine Green
オックスフォード/アストラゼネカ・ワクチン・チーム

●スタンドアウト・パフォーマンス
Rege-Jean Page

●ソロ・アーティスト
エド・シーラン

●レジェンド
アンソニー・ホプキンス

●テレビジョン俳優
エイドリアン・ダンバー

●ライター
クエンティン・タランティーノ

●ブレイクスルー・デザイナー
Harris Reed

●ブレイクスルー・ミュージック・アーティスト
アーロ・パークス

●デザイナー
ブルネロ・クチネリ

●革新者
ヴィヴィアン・ウエストウッド

●功労賞
ボビー・ギレスピー

●インスピレーション
ガレス・サウスゲート

●ギャラリー・アーティスト
Beeple

●ブレイクスルー俳優
Kingsley Ben-Adir

●リーディング・マン
ポール・ベタニー

●バンド
ウルフ・アリス

●アイコン
サシャ・バロン・コーエン

●功績賞
チームGB & パラリンピックスGB

   ◆   ◆   ◆

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報