スリップノット、1年半ぶりのライヴでコリィ・テイラーが新マスクをお披露目

ツイート
Photo by Alexandria Crahan-Conway

スリップノットが、土曜日(9月4日)米オクラホマ州で開かれた<Rocklahoma>フェスティバルに出演し、2020年2月以来約1年半ぶりにステージに復帰した。

◆スリップノット画像

フロントマンのコリィ・テイラーはここで、白地にステッチが入った新しいマスクを着用し、パフォーマンスした。<Rocklahoma>はSNSにその画像を投稿している。新章(ニュー・アルバム)の到来が近いことが暗示された。

『Kerrang!』によると、スリップノットはこの日、「Unsainted」に始まり、「Disasterpiece」「Psychosocial」「Vermilion」「All Out Life」「People = Shit」「Surfacing」など14曲をプレイしたという。







バンドはこれを皮切りに、<Inkcarceration><Riot Fest>などのフェスティバル出演を含む北米ツアーを再開する。9月25日にはアイオワで<Knotfest>も開催される。フェイス・ノー・モア、メガデス、ラム・オブ・ゴッド、Gojira、トリヴィアムらが出演する。

コリィ・テイラーは先月20日、新型コロナウイルスに感染していることが判明したが、軽症で済み、1週間後には早くも陰性との結果が出ていた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報