GACKT、無期限活動休止を発表

ツイート

GACKTが持病の神経系疾患と重度の発声障害のため、活動を無期限休止することが発表となった。

◆GACKT 画像

この方針は、 医師、 GACKT本人、 海外側のエージェントと日本エージェントの協議の上で決定したもの。 今後は、主治医がいる海外に戻り、 持病及び発声障害に関する精密検査をした後、 活動再開に向けて治療に専念する予定とのことだ。

以下に、日本エージェントの公式コメントを記したい。

   ◆   ◆   ◆

アーティストGACKTの日本エージェント事務所より御報告申し上げます。

GACKTの活動を《無期限休止》とさせて頂きます。

苦渋の決断となりましたがこの方針は、 医師、 GACKT本人、 海外側のエージェントと弊社の協議の上で決定しました。

経緯としましては、 8月6日帰国後、 GACKTから「体調が悪い」と連絡を受けた後、 しばらくして容態が急変。
幼少からの神経系疾患がきっかけとなり、 一時は命にも関わる状態に陥りました。

体調が悪化した状況が数週間続きましたが、 体重は10kgほど落ちたものの現在の容態は安定しております。

しかし、 重度の発声障害が併発し、現段階では声を発する仕事の続行は不可能と医師からの判断がございました。

また主治医がいる海外に戻り、 持病及び発声障害に関する精密検査をした後、 活動再開に向けて治療に専念する予定です 。

今後の御報告は、 公式サイト、 またはプレスリリースにてお知らせさせて頂きます。 何卒宜しくお願い致します。

株式会社グラブエンターテイメント

   ◆   ◆   ◆
この記事をツイート

この記事の関連情報