【連載】THE BOHEMIANSの5人全員かたまりダイナマイト連載[Vol.64]チバ・オライリー(と無法の世界)a.k.a.ジャン「激甘貴公子の休日」

ツイート


あれ、涼しくないですか? 秋、来てます? こうしてまたひとつ季節が巡っていくわけですが、なんと言っても本日は、とっておきのアレが皆さんのお手元に届くスペシャルな日。もちろんそれはTHE BOHEMIANSのニューアルバムです。しかも、THE BOHEMIANSのメンバーがリレー形式でコラムを執筆する名物連載もアップ! 盆と正月って一緒に来るんです。今回は、チバ・オライリー(と無法の世界)a.k.a.ジャンの休日の模様をお伝えする「激甘貴公子の休日」ですが、全ボヘファン必読の話題です!

  ◆  ◆  ◆

◆第13回:チバオライリーの変

こんにちは!ジャンです。

9/8に我々の新しいアルバムessential fanfareが発売になりました。とても良いアルバムができたと思います!
今回は2年ぶりのアルバムで、毎年アルバムをリリースしていたTHE BOHEMIANSとしては久しぶりの新譜です。制作期間が長かった分、収録前段階で制作されたデモも20曲以上できたのですが、その中から11曲を厳選して収録したので、とても層の厚い作品になったと思います。

個人的な事柄として、このアルバムの制作前にはプロデューサーの山中さわおさん(the pillows)のソロアルバム制作やツアーにも参加させていただいたので、技術的にもマインド的にも成長したなと。そもそも、僕はTHE BOHEMIANS以外の人と一緒に演奏することなんてほとんどなかったんですよね。THE BOHEMIANS以外の世界を知らなかった無垢な僕が、さわおさんからやサポートメンバーから刺激を受け、一皮も二皮も剥けて強くなりました。そんな新しいチバオライリーがドラムを叩いたessential fanfareです。聞いてください。よろしくどうぞ。

さて、チバオライリーの休日をゆるゆるお伝えする激甘貴公子の休日ですが、昨今の世情から、休日はほとんど出かけてません。仕方がないので、唐突ではありますがチバオライリーの最近の化粧について、お話したいと思います。

僕は中高生の頃から演劇が好きで、THE BOHEMIANSに入る前は、東京の劇団に所属してたこともあったんですね。だからメイク道具に触れる機会はあったし、そもそもお化粧することは好きでした。舞台化粧って作風にもよるけど、顔全体白塗りしたり、リアルからかなり遠くて、変なんなんです。でも、「変だけど」美しかったり、「変だけど」面白い、この「変だけど」が好きで演劇やっていた気がします。

THE BOHEMIANSを知ってる方にとっては周知の事実ですが、一応言っておくと僕ら全員お化粧して、普段着ではない衣装を着て演奏するタイプのロックバンドなんですね。僕もバンドメンバーになった時から、それに倣ってメイクしてたんですが、演劇時代はすでに劇団持ちのメイク用品をそのまま使ってるだけだったし、知識も技術もなし、己の信じるがままの方法で、サラサラとメイクしてました。

ところがある日とんでもない事件が起こります。2019年に発売されたpopman's reviewのアー写の撮影が終わって家に帰る途中の道で、突然目の前にチバオライリーの分身が現れてこう言ったのです。「チバオライリー、君、最近なんか「変だけど」が薄れてきてるんじゃないか?かっこいいけどね。ドラムうまいけどね。いいのかい?」と、ありがたいお告げをくださり、煙のように消えていったのです。オーマイガッシュ。

そこから僕は雷に打たれたように、唇を紫色にしてみたり、目の周りを赤くしてみたり、邪馬台国さながらの衣装や装飾品を買ったりと、化粧を始めとする「変だけど」を求める旅に出たのです。

そんな「変だけど」世界一かっこいいドラマーチバオライリーの冒険は続く。どうぞその冒険の目撃者になるためTHE BOHEMIANSを、追ってみてください。まず手始めにessential fanfare、を買ってブックレットを見てみるのも良いと思います。よろしくどうぞ。

あと、一応、参考までにチバオライリーの化粧ポーチの中身のスタメンをご紹介いたします。



こうして並べてみて思ったのですが、高い、珍しい、可愛い、メイク用品をあまり持ってないことに気づきました。これ企画としてどうなんだろうか。まあ、まだ研究中ということで、許してください。もし、「これチバオライリーにいいんじゃない」ってメイク用品あったら、何らかの形で僕に教えていただけると、それはそれは狂ったように喜んで買いにいきます。ちなみに以前ファンの方からメイク用品をいただくこともありました、それはそれは感謝しております。この場をお借りして御礼申し上げます。どうもありがとう。

ではまた!

  ◆  ◆  ◆



■10th Album『essential fanfare』


QECD-10013(BUMP-118)
¥2,750(tax in) / CD / DELICIOUS LABEL

1.the legacy
2.the reasons
3.the ultra golden brave busters
4.the erina
5.バビロニアの世界地図
6.VINYL PRESS STONE
7.カンケイシャになりたくないっ!?
8.いとしの真理
9.図鑑
10.the fanfare
11.何の変哲もないロッケンロール

この記事をツイート

この記事の関連情報