全英チャート、アイアン・メイデンとドレイクの新作が首位をめぐり接戦

ツイート

全英チャートを集計するOfficial Charts Companyによると、今週金曜日(9月10日)発表されるアルバム・チャートの首位をめぐり、アイアン・メイデンの『Senjutsu』とドレイクの『Certified Lover Boy』が接戦を繰り広げているという。

◆関連画像

月曜日(6日)の時点では、アイアン・メイデンの17枚目のスタジオ・アルバム『Senjutsu』がドレイクの6枚目のアルバム『Certified Lover Boy』を8,000枚上回っているという。『Senjutsu』はCDとダウンロードのセールスでリードし、『Certified Lover Boy』はストリーミングが強く、最終的にどちらが1位を獲得するかは、まだわからない。

アイアン・メイデンはこれまで、『The Number Of The Beast』(1982年)、『Seventh Son Of A Seventh Son』(1988年)、『Fear Of The Dark』(1992年)、『The Final Frontier』(2010年)、前作『The Book Of Souls』(2015年)の5作で全英1位を獲得している。

ドレイクは、前々作『Views』(2016年)、前作『Scorpion』(2018年)およびミックステープ『Dark Lane Demo Tapes』で1位となった。

今週はこの2作ほか、リトル・シムズの『Sometimes I Might Be Introvert』、活動を再開するABBAのベスト盤『Gold』(1992年)、イマジン・ドラゴンズの『Mercury - Act 1』、ルディメンタルの『Ground Control』のセールスが好調だという。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報