鈴木茂、小原礼、林立夫、松任谷正隆による“大型新人バンド”SKYE、デビューアルバムをリリース

ツイート

鈴木茂(g)、小原礼(b)、林立夫(ds)、松任谷正隆(key)の4人がバンドSKYE(スカイ)を結成し、デビューアルバム『SKYE』を10月27日にリリースすることが決定した。

◆デビューアルバム『SKYE』ジャケット

はっぴいえんどもサディスティック・ミカ・バンドも存在していなかった日本のロック黎明期に、鈴木茂、小原礼、林立夫らで結成された伝説のバンドSKYE(スカイ)。ここにティン・パン・アレイ以降、日本のロック/ポップスシーンをプロデューサーとしてプレイヤーとして編曲家として牽引し続けてきた松任谷正隆が加入し“大型新人バンド”SKYEとして動き出した。

彼らのデビューアルバム『SKYE』は全12曲収録で、日本ロック黎明期のサウンドを今の視点から捉え直した意欲作、まさに“トーキョーロック“と呼べる内容になっている。コーラスには松任谷由実、矢野顕子、尾崎亜美、ブレット&バター、吉田美奈子、小坂忠といったレジェンドな面々が参加した。

全曲のアレンジおよびプロデュースはSKYEが行っており、加えて、はっぴいえんどの未発表曲「ちぎれ雲」が今回のアルバムで初音源化される。松本隆作詞、鈴木茂作曲の当時のデモを元にSKYEバージョンとして新録音、8分に及ぶ大作だ。

アルバム発売形態はCD盤およびアナログLP盤の2形態で、LPは重量盤2枚組となる。なお、9月15日には収録曲から「ISOLATION」と「Dear M」の2曲が先行配信される。

また、NHK総合テレビにて『NHK MUSIC SPECIAL 伝説的ミュージシャンたちの50年 ~ユーミン・尾崎亜美 そしてSKYEヘ~』と題した特集番組が放送されることが決定した。番組にはSKYE(鈴木茂・小原礼・林立夫・松任谷正隆)、松任谷由実、尾崎亜美が出演し、貴重なトピック満載のトークと6人によるスペシャル・セッションが披露される。


リリース情報

デビューアルバム『SKYE』
2021年10月27日(水)発売
【CD盤】COCB-54336 ¥3,300 (税込)
【LP盤(2枚組・重量盤)】COJA-9430/1 ¥4,950 (税込)
レーベル:日本コロムビア/BETTER DAYS

収録楽曲:
M1. Less Is More 作詞:林立夫 小原礼 作曲:小原礼
M2. OTHELLO 作詞:松任谷正隆 作曲:松任谷正隆 林立夫
M3. ISOLATION 作詞:林立夫 作曲:小原礼 松任谷正隆
M4. Dear M 作詞:林立夫 作曲:松任谷正隆
M5. Daydream 作詞:林立夫 作曲:松任谷正隆
M6. ちぎれ雲 作詞:松本隆 作曲:鈴木茂
M7. マイミステイク 作詞:小原礼 作曲:小原礼
M8. 川辺にて 作詞:松任谷正隆 作曲:松任谷正隆
M9. Reach Out To The Sky 作詞:小原礼 作曲:小原礼
M10. ROCK'N PINO BOOGIE 作曲:鈴木茂
M11. Always 作詞:小原礼 作曲:小原礼
M12. BLUE ANGELS 作詞:松任谷正隆 作曲:松任谷正隆
All songs produced and arranged by SKYE

■先行配信
「ISOLATION / Dear M」
発売日:2021年9月15日(水)
品番:COKM-43417
レーベル:日本コロムビア/BETTER DAYS

収録楽曲:
M1. ISOLATION 作詞:林立夫 作曲:小原礼 松任谷正隆
M2. Dear M 作詞:林立夫 作曲:松任谷正隆
All songs produced and arranged by SKYE

『NHK MUSIC SPECIAL 伝説的ミュージシャンたちの50年 ~ユーミン・尾崎亜美 そしてSKYEヘ~』

9月20日(月)午後6時05分~午後6時45分  NHK総合 
9月28日(火)午前0時48分~午前1時28分  NHK総合 再放送 ※月曜深夜
出演: SKYE(鈴木茂・小原礼・林立夫・松任谷正隆) 松任谷由実 尾崎亜美
語り: 坂本美雨
番組HP: https://www.nhk.or.jp/music/programs/453920.html

1972年にデビューし、日本の音楽シーンの新たな時代を築き、第一線を走り続けてきたシンガーソングライター、松任谷由実。その初期のサウンドを作った伝説的ミュージシャンたちが当時のサウンドの秘密を語る特集番組。
出演するのは鈴木茂(Gt)、小原礼(Ba)、林立夫(Dr)そして松任谷正隆(Key)。
1970年代から、日本のポップスを牽引してきたミュージシャン、プロデューサーである4人はSKYEという新たなバンドを結成し、交流を深めている。
今回、この番組のためにユーミンの初期のサウンドを録音したオリジナルのマスターテープをスタジオで視聴。「ひこうき雲」など名アルバムのサウンドが記録された貴重な資料である。
番組ではマルチテープやアーカイブ映像を手がかりに、創作の舞台裏を語るトークが実現。それぞれのメンバーがどのような思いでユーミンとのセッションを行ってきたのか、これまで語られることのなかったサウンドの秘密が明らかになる。
一方、1976年にデビューした尾崎亜美。ユーミンは3歳下の尾崎を妹のように可愛がり、デビュー当時の音楽活動を支えてきた。松任谷由実と尾崎亜美、2人の女性シンガーソングライターの知られざる交流についても今回初めて語られる。
番組ではユーミンの「卒業写真」、尾崎亜美の「マイ・ピュア・レディ」をSKYEのメンバーが演奏をつとめ、SKYEの新曲にもユーミンと尾崎亜美がコーラスで参加、6人によるスペシャルセッションが実現する。

SKYEプロフィール

■鈴木茂
1951年12月20日東京都生まれ。アマチュア・バンドのサークルで細野晴臣と知り合い、69年はっぴいえんどに参加。繊細にして大胆なギター・ワークで注目を集める。はっぴいえんど解散後、細野晴臣、林立夫、松任谷正隆ともにキャラメル・ママ、ティン・パン・アレイ結成。並行してソロ活動も開始。75年デビュー・アルバム『バンド・ワゴン』を発表し高い評価を得る。その後アレンジャーとしても活躍。

■小原礼
1951年11月17日生まれ。東京都出身。1963年青山学院中等部にて、高橋幸宏、林立夫と出会い、この時からベースを始める。加藤和彦の誘いによりサディスティック・ミカ・バンドに参加し海外にも進出。1977年LAに移住。L.Aではボニー・レイット・バンド所属。1988年ソロ・デビュー作『ピカレスク』、90年アルバム『ヒューマンタッチ』をリリース。以降、福山雅治、矢野顕子、宮沢和史らのプロデュース活動も精力的に展開している。

■林立夫
1951年5月21日生まれ。東京都出身。12才から兄の影響でドラムを始める。1972年より細野晴臣、鈴木茂、松任谷正隆とキャラメル・ママで活動を開始。その後、ティン・パン・アレイと改名し、荒井由美、南佳孝、吉田美奈子、いしだあゆみ、大瀧詠一、矢野顕子、小坂忠、雪村いずみ等の作品に携わる。70年代、パラシュート、アラゴンなどのバンドで活躍するが、80年代半ばに音楽活動休止。96年、荒井由実 The Concert with old Friends で活動再開。現在は細野晴臣、小坂忠、大貫妙子、矢野顕子、尾崎亜美、等の作品・ツアーに参加。2020年2月、初の書籍「東京バックビート族 林立夫自伝」を発売。

■松任谷正隆
1951年東京都生まれ。作編曲家、音楽プロデューサー。1974年 慶應義塾大学・文学部卒。
4歳からクラシックピアノを習い始め、14歳の頃にバンド活動を始める。バンド“キャラメル・ママ”“ティン・パン・アレイ”を経て、数多くのセッションに参加。その後アレンジャー、プロデューサーとして多くのアーティストの作品に携わる。松任谷由実のコンサートをはじめ、様々なアーティストのイベントを演出。また、映画、舞台音楽も多数手掛ける。TFM「松任谷正隆のちょっと変なこと聞いてもいいですか?」(毎週金曜日17:30〜)を放送中。

◆SKYE レーベルオフィシャル(日本コロムビア )
この記事をツイート

この記事の関連情報