いきものがかり新体制初のオンステージ、JFA100周年を祝い「ブルーバード」「風が吹いている」披露

ツイート

(c)JFA

いきものがかりが9月10日(金)に、新体制後初のオンステージとなるJFA100周年セレブレーションにサプライズ出演した。

公益財団法人日本サッカー協会(JFA)が2021年に創立100周年を迎えるにあたり、サッカーファミリーの中で、これまでサッカーを支えた功労者を招待し、「過去への感謝・未来への決意」をコンセプトとする記念式典を開催。JFAからのオファーを受け、100年を祝うべく、いきものがかりがサプライズ出演する運びとなった。式典の後半、様々な世代のサッカーファミリーが登場するVTRが放映され、ステージにいきものがかりが登場。興奮冷めやらぬまま、いきものがかりメンバーの吉岡聖恵の「100周年本当におめでとうございます。記念すべき日にお招きいただき大変うれしく思っています」という言葉と共に「ブルーバード」を披露。サッカー日本代表のカラーでもある“ブルー”と楽曲の世界観がマッチした演出でも会場を沸かせた。

(c)JFA

(c)JFA

続いて披露された「風が吹いている」では、日本サッカーの歴史と次の100年に向けた未来を描く応援ムービーがステージに映し出され、いきものがかりメンバーのパワフルなパフォーマンスと感動的な演出と共に幕を閉じた。

いきものがかりメンバーの水野良樹は「選手たちの輝く瞬間が生まれるまでの様々なストーリーをこの式典の中で感じることができました。少しでも日本のサッカーを愛する皆様に、そしてスポーツを愛する全ての方にずっといい風が吹き続けることを願っています」とコメントし、今回の式典出演についての想いを語った。



この記事をツイート

この記事の関連情報