YOSHIKI、9.11犠牲者への追悼曲「Unnamed Song」公開

ツイート

YOSHIKIが9.11犠牲者への追悼曲「Unnamed Song」を、自身のYouTube Channelにて公開した。

◆「Unnamed Song」

米同時多発テロ事件の犠牲者への哀悼の意を込めて制作されたというこの曲は、ピアノとストリングスが奏でる美しいメロディの奥に強い意思が感じられる作品。人々の悲しみを包み込む大きな愛と“音楽で痛みに寄り添いたい“というYOSHIKIの強い想いが体現されている。

本作品は、2005年にリリースされたオリジナル・ソロアルバム『ETERNAL MELODY II』に収録されている楽曲で、9.11から20年が経過した今、改めて全世界へ向けて公開された。

コメント欄には、以下のような国内外からの賛辞が届いている。
「9.11を忘れてはいけない。今、世界中の人がコロナで大変だけど、いつか明るい未来が来るはず。私は病気になり、あと僅かしか生きる事が出来ないけど最後まで生き抜こうと思います」

「生命の重みを、立ち止まって考えなければいけない時だと思う。人々は、悲しみの連鎖を断ち切り、人種、文化、宗教、言語の壁を超えて一つになれるはず。YOSHIKIさんは、音楽を通して教えてくれていると思います」

「I didn't know the background of this song, now I can totally understand the meaning of it. Thank you for healing this world.」
(私はこの曲の背景を知りませんでしたが、今は意味を完全に理解できます。この世界を癒してくれてありがとうございます。)

「I would be lying if I said I wasn’t crying right now. This is beautiful and heartfelt」
(今、涙が出ていないと言えば嘘になります。本当に美しく、心に響きます。)

音楽だけではなく、医療従事者や被災者などへの積極的な慈善活動を通じ、人の痛みに寄り添い続けているYOSHIKI。彼が世に放った一筋の光のようなこの楽曲は、国境を越えて世界中の人々に感動を与えている。

なお、本日11日発売の日経新聞には、YOSHIKIのインタビュー記事「9.11後の20年」が掲載されている。



◆YOSHIKI オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報