【ライブレポート】野口五郎、オーチャードホール公演で岩崎宏美と共演

ツイート

野口五郎が9月11日、東京渋谷Bunkamuraオーチャードホールにて<GORO NOGUCHI 50TH ANNIVERSARY Autumn Concert in Orchard>を開催した。

◆ステージ写真

5月30日の愛知県芸術劇場公演からスタートした<Goro Noguchi 50th Anniversary CONCERT TOUR 2021 I can sing here ~今ここで歌える奇跡~>。9月10日に行われた渋谷文化村オーチャードホールでのコンサートはツアーのなかでも特別なステージになり、タイトルも<GORO NOGUCHI 50TH ANNIVERSARY Autumn Concert in Orchard>と付けられていた。

18時に公演は開幕。荘厳な教会の鐘の音、紗幕のシルエットの向こうには野口五郎が浮かぶ。この特別公演のためのオープニング曲「いつかラブソング~ジェシー」から始まり、バンド紹介があって「序曲・愛」へと続き、野口の澄んだ高音バラードで会場を一気にGOROワールドに染め上げていく。


「デビュー満50年ですから21世紀の半世紀歌っています。つくづく長く感じますが50年歌ってみないとわからないものがある。今のために歌っていると思える自分は幸せです」と思いを語りかけ、ヒット曲3曲が続く。この日新調した白のストラトギターを奏でながらの歌唱スタイルは圧巻。歌の間にリフを入れての歌唱、ギタリストGOROに観客はうっとり。

新御三家の思い出話を交えながら1982年にヒットした郷ひろみ「哀愁のカサブランカ」、大親友の西城秀樹が1978年にヒットした「ブルースカイブルー」や、当時、野口の自宅スタジオに秀樹が遊びに来た時に録音した歌テイクを2コーラスから流して、五郎、秀樹の歌唱共演、ふたりのハーモニーに会場中が感動、すすり泣く方も。そして、1973年に2回目の『紅白歌合戦』にも歌唱した「君が美しすぎて」を披露。大ヒット曲「甘い生活」「私鉄沿線」へと続く。


さらに、1987年『レ・ミゼラブル』日本公演初演のマリウス役を演じた野口が当時を再現して「THE CAFE SONG」、そして今父親になった野口が初挑戦するジャン・バルジャン「Bring him home」を熱唱した。

ここでスペシャルゲストが登場。「天国からあの人が来てくれました」という野口のMCで下手から黒いドレスに身を包んだ岩崎宏美が姿を現し、「夢やぶれて」を熱唱。岩崎の出演が全くのシークレットだったため、客席からは拍手喝采。岩崎宏美も1987年の『レ・ミゼラブル』に出演しており、初代マリウスとファンテーヌが34年の歳月を経てステージに登壇した。デビュー満50年の野口五郎、デビュー46周年の岩崎宏美がそろい、会場はヒートアップ。


野口が「昨年11月、番組出演がきっかけで意気投合し企画が生まれ、トントン拍子で事が運び気が付いたら、デュエット曲を歌う話になって、まだまだ発売は先ですが……」、岩崎が「発売は11月24日にリリースする事になりました、ふたりでコンサートもやります。11月23日愛知県芸術劇場大ホール、12月2日大阪オリックス劇場、そして12月6日ここBunkamuraオーチャードホールです」と語り、11月24日にこのふたりでCDを出すことが発表され、会場は驚きの声。東名阪スペシャルコンサートの日程も発表された。

そして、「申し訳ないです、全て告知して頂いて、では早速ですけども聞いて頂きます、いゃータイトル恥ずかしいな。強力だよ、これ」と野口、岩崎が「はい、“好きだなんて言えなかった”、聞いてください」と話して、「好きだなんて言えなかった」を披露する。

会場はわれんばかりの拍手。イントロが流れ一気に会場が静まり返る、唄いだしは岩崎、次に野口、ふたりの美しいハーモニーがバンドのやさしいサウンドと溶け合って熱唱。会場は大拍手喝采の中、初披露が終了した。

大拍手で岩崎を送り、コンサートも終盤に差し掛かる。今度は野口ひとりでバラード曲を歌唱、令和元年5月1日発売の「これが愛と言えるように」を披露。デビュー50周年記念配信シングル、親友コブクロ小渕健太郎作詞作曲の「光の道」と続く。15歳でふるさと美濃市を出てきた当時を振り返る名曲をしみじみと歌唱した。


コンサート本編は「君こそわが青春」で終了。アンコール2曲で<GORO NOGUCHI 50TH ANNIVERSARY Autumn Concert in Orchard>の幕は閉じた。

野口五郎のツアーは岡山、広島、下関、仙台と続き、11月~12月には岩崎宏美との<野口五郎・岩崎宏美 2021 プレミアムコンサート ~Eternal Voices~>もある。デビュー満50年の野口五郎65歳、「こういうご時世だからこそ、ふたりでエネルギーを届けたい」。昭和、平成、令和と歌を届けてきたふたりだからこそ、今、日本に歌で元気を届ける。


■<野口五郎・岩崎宏美 2021 プレミアムコンサート ~Eternal Voices~>

2021年11月23日 名古屋・愛知県芸術劇場
2021年12月2日 大阪・オリックス劇場
2021年12月6日 東京・Bunkamuraオーチャードホール

■野口五郎・岩崎宏美「好きだなんて言えなかった」

2021年11月24日発売
【CD+DVD+グッズ】(完全数量限定盤)
IOCD-20384/B/¥4,500(税込)
※24ページインタビュー、写真付きブックレット封入
[収録内容]
CD
M1.好きだなんて言えなかった 
M2.好きだなんて言えなかったカラオケ(野口五郎ver)
M3.好きだなんて言えなかったカラオケ(岩崎宏美ver)
M4.好きだなんて言えなかったinstrumental
DVD
・「好きだなんて言えなかった」MV
・MVメイキング映像
・レコーディング風景
GOODS
フォトフレームクロック

【CD+テイクアウトライブ】
IOCD-20385/¥2,100(税込)
※24ページインタビュー、写真付きブックレット封入
CD……IOCD-20384/Bと同様
TOL……「好きだなんて言えなかった」MV

【CD ONLY】
IOCD-20386/¥1,300(税込)
※24ページインタビュー、写真付きブックレット封入
CD……IOCD-20384/Bと同様

■野口五郎 コンサート情報

<Goro Noguchi 50th Anniversary CONCERT TOUR 2021 I can sing here ~今ここで歌える奇跡~>
2021年
5月30日 愛知県芸術劇場
6月4日 福岡市民会館
6月5日 熊本県立劇場 演劇ホール
7月6日 札幌文化芸術劇場hitaru
7月7日 旭川市民文化会館大ホール
8月21日 君津市民文化ホール
9月10日 Bunkamuraオーチャードホール
9月20日 岡山市民会館
9月23日 広島上野学園ホール
9月25日 下関市民会館
10月3日 東京エレクトロンホール宮城

■岩崎宏美 コンサート情報

<aiwa/KINUJO presents 岩崎宏美コンサートツアー ~太陽が笑ってる~>
2021年
9月11日 和光市民文化センター サンアゼリア大ホール
9月15日 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
9月22日 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
10月2日 たましんRISURUホール(大ホール)
10月30日 岡山市民会館
11月3日 相模女子大学グリーンホール(大ホール)
11月7日 桃源文化会館(桃源ホール)山梨
この記事をツイート

この記事の関連情報