オジー・オズボーン、首と脊椎の怪我を治すため、間もなく手術を予定

ツイート
Photo by Sam Taylor-Johnson

オジー・オズボーンの妻でマネージャーのシャロンによると、オジーは2019年に転倒したことで痛めた首と脊椎を治すため、間もなく手術を予定しているという。

当時、オジーは真夜中にトイレへ行ったとき、靴につまずき転倒し、2003年に自動車事故で背中、首、肩などに負った怪我が悪化したと伝えられた。

シャロンは『DailyMailTV』のインタビューで、正確な時期は言及しなかったものの、オジーが間もなく大きな手術を受けると明かしたという。ステージに戻りたくて仕方ないオジーは、ライヴ・パフォーマンスに支障をきたす首と脊椎の問題をきちんと解決したかったようだ。シャロンは、「夫がステージに戻ること、私がいま一番楽しみにしているのがこれよ」と話している。

オジーは転倒後1年も経たず、今度はパーキンソン病を公表したが、シャロンによると「パーキンソンを患っているけど、彼は大丈夫よ。病気を抑えることができている」という。

オジーはこれまで、事故で負った怪我も含め、様々な健康の問題に悩まされてきたが、シャロンは、「うちは常に健康に恵まれた家族ってわけじゃなかった。私は二度がんを患っているし、ジャック(長男)は多発性硬化症だし。慰めてくれなくていいのよ。私たち、大きな健康上の問題に対処するのに慣れちゃったって感じ」と話している。



健康面の問題から2018年末でツアーを中断したオジーは、現時点、2022年1月終わりにヨーロッパでツアーを再開する予定。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報