BOSS、ギター/ベース用エフェクターのMIDI接続に最適なケーブルを発売

ツイート

BOSSから、ギター/ベース用MIDI対応エフェクターの接続に最適なMIDIケーブル『BMIDIシリーズ』と『BCCシリーズ』の新製品が9月25日に発売される。

MIDI(Musical Instrument Digital Interface)は、電子楽器の機器間で演奏やコントロールによる情報を伝達するための信号規格。近年発表されている多機能なエフェクターやスイッチャーの多くは、豊富なパラメーター(設定する項目)を備えており、MIDI信号を使ってコントロールすることで、より複雑で多彩な音楽表現を実現できる。

『BMIDIシリーズ』と『BCCシリーズ』は、接続部にスリムな3.5mmステレオ・ミニ・プラグを採用(※)したMIDIケーブル。スタンダードなMIDIケーブルに採用されているコネクターと比較して小さく、L字型のプラグを採用しているので、エフェクターをわずかなスペースでケーブル接続することができ、ペダルボードのレイアウトを効率的かつ自由に行える。それぞれ30cm、60cmの長さのケーブルをラインアップし、ペダルボードのサイズやエフェクターの間隔に合わせて選ぶことができる。また、堅牢かつしなやかな素材を採用しているので、配線や接続の作業もスムーズに行うことができ、ペダルボードはもちろんデスクトップで音楽制作を行う際のMIDI対応機器の配線にも最適だ。
※『BMIDIシリーズ』は片側に3.5mmステレオ・ミニ・プラグ、もう片側にスタンダードなMIDI端子を採用。『BCCシリーズ』は両側に3.5mmステレオ・ミニ・プラグを採用。


『BMIDI-1-35』でボスのエフェクター「200シリーズ」とスイッチャー「ESシリーズ」を接続することにより、足元の操作ひとつでさまざまなパラメーターを同時に切り替えることが可能。MIDI端子部は、上/下/ストレートの3方向に端子の向きを調整することができ、スペースが限られるペダルボードなどにおいて、自由なレイアウトを可能にする。


『BCC-1-3535』/『BCC-2-3535』は、ボスのエフェクター「200シリーズ」同士を接続して音色の切替えを同期させたり、ワイヤレスMIDIエクスプレッション・ペダル「EV-1-WL」を有線で接続する場合にも便利。



製品情報

3.5mm TRS/MIDIケーブル『BMIDI-1-35』『BMIDI-2-35』
3.5mm TRS/TRSケーブル for MIDI『BCC-1-3535』『BCC-2-3535』
発売日:2021年9月25日(土)

● 主な仕様
『BMIDI-1-35』/『BMIDI-2-35』
ケーブル長さ:『BMIDI-1-35』30cm、『BMIDI-2-35』60cm
プラグ寸法 :TRS端子側 29.7(幅)×14(奥行き)×9(高さ)mm
       MIDI端子側 16(幅)×16(奥行き)×36.6(高さ)mm
『BCC-1-3535』/『BCC-2-3535』
ケーブル長さ:『BCC-1-3535』30cm、『BCC-2-3535』60cm
プラグ寸法(両側とも):29.7(幅)×14(奥行き)×9(高さ)mm
この記事をツイート

この記事の関連情報