フェンダー、サウンドホールにスパゲティロゴのテレキャスターが登場

ツイート

フェンダーが、サウンドホールにフェンダーのアイコニックな“スパゲティロゴ”をあしらったギター「Made in Japan Limited F-Hole Telecaster Thinline」をフェンダー正規販売店及びフェンダー公式オンラインショップにて販売を開始。本製品は2021年の限定製品となる。

「Made in Japan Limited F-Hole Telecaster Thinline」は、従来のF型のサウンドホールの代わりに、50年代から60年代半ばまでのEsquire、Broadcaster、Telecaster、Stratocaster、Precision BassやJazzmasterなどに採用されていた“スパゲティロゴ”をあしらうことで、オーセンティックなルックスの中に遊び心を施すこれまでにない新しいスタイルのギターとなった。

アッシュボディにはトップ側にバインディング、バックにはコンター加工を施し、Vintage-Style Single-Coil Teleピックアップを装備し、スチールサドル仕様のブリッジを搭載。F-Keyチューナー、“U”シェイプのメイプルネックに9.5インチラジアスの指板とナロートールフレットがスムーズなプレイヤビリティを提供する。カラーは、ミスティック・アイス・ブルー(写真)、アークティック・パール、ペニーの3色となる。



また、プレミアムモデルとして「Made in Japan 2021 Limited Collection F-Hole Telecaster Thinline」が11月下旬より限定販売されることが決定。ボディトップにはこの製品のために厳選された5mm厚のキルトメイプル材、ネックには5Aクオリティのフレイムメイプル材を使用している。また木目をより強調させる飴色着色の上から、フェンダーが50年代当時より使用してきたラッカー塗装で仕上げることで、高級感に加え経年の変化も楽しむことができる1本となっている。発売日を含む製品詳細は、フェンダー公式サイトにて。


製品情報

「Made in Japan Limited F-Hole Telecaster Thinline」
希望小売価格159,500円 (税込)
販売開始日2021年9月17日(金)

「Made in Japan 2021 Limited Collection F-Hole Telecaster Thinline」
希望小売価格:495,000円 (税込)
販売開始日:2021年11月下旬(予定)
※製品仕様及び販売価格は、 予告なく変更となる場合がございます。
この記事をツイート

この記事の関連情報