カーリングシトーンズ、新曲「それは愛なんだぜ!」配信リリース&MV公開

ツイート

カーリングシトーンズの新曲「それは愛なんだぜ!」が本日9月22日(水)に配信リリースされた。

◆MV、関連画像

新曲はムロツヨシ初主演映画『マイ・ダディ』のために書き下ろされた楽曲で、リリースにあわせて公開されたミュージックビデオのフルバージョンには、牧師役のムロツヨシ演じる御堂一男に扮して愛に溢れ必死に生きる主人公の姿にエールを送るオマージュ的な内容となっている。

ショートバージョンとして公開されているミュージックビデオは、映画『マイ・ダディ』の金井純一監督が制作した映像で、フルバージョンは寺岡呼人プロデュースにより、さらに“LOVE”感がアップ。1970年代後半からの洋楽ビデオ風テイストに仕上がっている。



新曲のリリースに際し、楽曲ダウンロード購入者のうち抽選で100名にカーリングシトーンズ特製オリジナル「愛アイマスク」(非売品)をプレゼントするキャンペーンもスタート。詳細はキャンペーン特設サイトや各主要音楽配信サイトでチェックしてほしい。


   ◆   ◆   ◆

■寺岡シトーン コメント

結成してもう3年目。いつの間にかこの6人しか出せないグルーブ、バンド感で出てきたと思います。
6人で演奏して、6人で歌えば「シトーンズ」になる。そんなバンド感。
そして、6人で大合唱する「愛」の歌!
是非、皆さんも大声で愛を歌いましょう。

   ◆   ◆   ◆

■奥田シトーン コメント

リモートで、ほぼ全員が会うこともなくレコーディングした割には愛がある作品だと思います。
こうやってリモートでもちゃんとしたものができるんだなと便利な世の中になったなと思いました。
映画で使ってもらえるとのことで、いつも勝手にCMソングを作ってますが、今回は、より気合が入りました(笑)

   ◆   ◆   ◆

■斉藤シトーン コメント

去年の自粛からリモート録音自体はカーリングシトーンズで覚えて、この曲はもうすでに大体出来上がった状態で来て、それぞれの負担は少ないんだけど、合わさると「おお、バンドだ」って感じになった。
皆から上がってくる音を「みんなこんな感じでやってるんだ」って思いながらニマニマして聴いたりして(笑)
そうやって送りあってるうちにだんだん1曲になっていくのがとても楽しかったですね。
この曲を聴いてもらえるの、楽しみにしてます。

   ◆   ◆   ◆

■トータスシトーン コメント

最初に寺岡シトーンからデモが上がってきて、僕はいちゃもんつけてるだけというか(笑)
頼まれてもいないのにダメ出しをしました(笑)
適当なことを言っている間にあれよあれよと音が出来上がって、こんなキャッチーな曲になりました。
カーリングシトーンズってすごいなぁと、自画自賛ではなく他のメンバーの存在もあって、すごいバンドだなと改めて思った一曲でした。

   ◆   ◆   ◆

■キングシトーン コメント

今回も、楽しく、レコーディングできました。ハーモニカもいい感じで吹けたと思います。
メンバー6人、それぞれが絶妙なバランス感を持ち合わせていて、いいものが出来上がってると思います!
気持ちよく軽やかに音楽をやる大切さを、毎回強く感じています。
よろしくお願いします!

   ◆   ◆   ◆

■浜崎シトーン コメント

「愛」という、どでかいテーマを、真っ直ぐ歌うには勇気が必要ですが、なぜかカーリングシトーンズのメンバーだと、さらっと歌えちゃいます。
そこが不思議なところ。
やっている自分たちも、まだ謎がいっぱいのカーリングシトーンズ。
わくわくしますね。
最強なのかな?最強なのかもな・・。そう最強です!

   ◆   ◆   ◆

■デジタルシングル「それは愛なんだぜ!」


▲「それは愛なんだぜ!」

2021年9月22日(水)リリース
作詞:寺岡シトーン・トータスシトーン・浜崎シトーン・奥田シトーン
作曲:寺岡シトーン・奥田シトーン・浜崎シトーン
編曲:カーリングシトーンズ

この記事をツイート

この記事の関連情報