HARMONY SKIT、時代を捉えたラブバラード「会いたくなったよ」配信リリース決定

ツイート

男女4人組ハーモニーグループ・HARMONY SKITが、自身の第2弾リリースとして10月6日(水)にデジタルシングル「会いたくなったよ」をリリースする。

発表は行われたのはインスタライブにて。コロナ禍の時代を背景に歌われるラブバラード「会いたくなったよ」は、離ればなれになったカップルに訪れた試練や葛藤を、同世代として今を生きるHARMONY SKITが切なくも力強いハーモニーで歌い上げる。

楽曲の作詞作曲はリーダーのアツシが担当。まさに本人が体験した、高校卒業と同時に世の中がコロナ禍へ突入するという背景を元に、ティーンエイジャーならではの揺れ動く心情を、苦しくも直向きな歌詞とメロディで表現した。

また、サウンドプロデューサーは「奇跡を起こせ」と同じく松本ジュンが担当。Little Glee Monsterや足立佳奈のアレンジ、斉藤和義や藤井フミヤのライブツアーメンバーでもある松本が構築したJ-POP王道バラード“松ジュンサウンド”も聴きどころとなっている。

さらに発表とあわせ、メンバー全員がマスクをしている印象的なジャケットも公開された。

▲HARMONY SKIT/「会いたくなったよ」

配信シングル「会いたくなったよ」

2021年10月6日(水)配信リリース
https://lnk.to/AITAKUNATTAYO

この記事をツイート

この記事の関連情報