リアム・ギャラガー、転落事故の怪我により週末の公演をキャンセル

ツイート
Photo by Tom Beard

先週終わり、ヘリコプターから落下し負傷したリアム・ギャラガーが、北アイルランド・ベルファストで開催中の<Belsonic 2021>フェスティバルの一環で金曜日(9月24日)に開くはずだった公演を中止した。

◆リアム・ギャラガー画像

リアムは先週末(18日)、「これを見てくれ、昨日の夜、ヘリコプターから落っこちた」と、擦り傷を負い、鼻をテーピングした姿をTwitterに投稿していた。痛々しいものの、冗談を飛ばしたり、「大丈夫だ」との言葉があったため、次の公演に支障はないと思われたが、鼻を怪我したため、歌えないそうだ。

リアムは火曜日(21日)、「今週末、ベルファストの公演をキャンセルしなくてはならず、もの凄く落ち込んでる。IOW(ワイト島)フェスティバルの後、事故があり、鼻を強打したため歌えない。医師から休養するよう言われた。チケットを持つみんなに謝罪する……公演は再調整する……埋め合わせはする」と、つぶやいた。公演は2022年6月24日に延期するという。



リアムは8月にライヴ活動を再開し、ベルファストでの公演は年内予定している最後のものだった。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報