チャーチズ、生演奏カバー企画『Apple Music Home Session』初登場

ツイート

2021年8月に最新アルバム『Screen Violence』をリリースしたチャーチズが、Apple Musicの生演奏カバー企画『Apple Music Home Session』に初登場し、本日より限定配信がスタートした。

◆チャーチズ 関連動画&画像



本作には、最新作収録の「California」のセルフカバーとアヴリル・ラヴィーンをカバーした「I'm with You」の2曲が収録されている。チャーチズの公式SNSでは、レコーディングの様子も公開されている。



チャーチズによる3年ぶり待望のニュー・アルバム『Screen Violence』は現在好評発売中。国内盤には、本編にも参加したロバート・スミス (ザ・キュアー)による「How Not To Drown」のリミックスがボーナストラックとして追加収録され、歌詞対訳と解説書が封入される。数量限定の国内盤CD+Tシャツ・セット、限定レッド・ヴァイナルや限定カセットテープの他、タワーレコードにて、数量限定で日本語帯付きヴァイナル(歌詞対訳・解説書封入)も発売中だ。


『Screen Violence』

2021年8月27日(金)
CHVRCHES, under exclusive license to Beat Records
国内盤CD:BRC-673 ¥2,200+税(税込価格¥2,420)
国内盤特典:ボーナストラック追加収録/解説・歌詞対訳冊子封入

BEATINK.COM:
https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=11899
AMAZON:
https://www.amazon.co.jp/dp/B096FV18ST
TOWER RECORDS:
https://tower.jp/item/5207720

◆チャーチズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報