ジューダス・プリースト、リッチー・フォークナーが緊急入院でツアーを中断

ツイート
Photo by Justin Borucki

ジューダス・プリーストは、ギタリストのリッチー・フォークナーが心臓の問題により入院したため、北米ツアーの残りの日程を延期するという。

◆ジューダス・プリースト画像

バンドの広報を担当しているChipster PR & Consultingは月曜日(9月27日)、「ツアー延期」とのジューダス・プリーストからの声明をFacebookに掲載した。フォークナーは現在、病院で治療を受けており、医師からの説明があり次第、振替公演の日程を調整するという。

ジューダス・プリーストは9月8日に<50 Heavy Metal Years>北米ツアーをスタートし、11月5日まで開催予定だった。9月29日以降の24公演に影響を及ぼすことになる。

声明が出される前の日(26日)、彼らは<Louder Than Life>フェスティバルに出演していた。そこではメタリカのカーク・ハメット(G)と共演したことが話題となったが、それ以外、特に変わった点があったとは伝えられていない。

メンバーは「速やかな回復を願い、俺らのファルコンに愛を送っている」と、フォークナーを気遣っている。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報