【俺の楽器・私の愛機】464「本当によくも手に入れることができた一本」

ツイート

【Gene Baker B3 Wood Model】(東京都 Eddy 58歳)


ジーン・ベイカー氏のちょうど自身のギターブランド、Baker Guitarsがなくなってしまった頃にどこかのウェブサイトのフォーラムで彼と繋がりました。2004年か5年頃だと思います。いずれまたギターを作るよって言っていたので思い切って頼んでみたところ、少し良い木材が残っているからと快諾してくれ嬉しかったです。それから工房の立ち上げ、債務超過となっていた彼には支払いができず、彼の今の奥さんとなっている方に送金したりといろいろありました。

最初はダークバースト仕上げで頼んでいたのですが、ジーンから君のために作っているギターのトップ材には残念ながら虫食いの後があり、ちょっと視覚的に良くない。よかったらほぼ同じ仕様で作ったこちらの方をもらってくれないか。と言われてこのギターを受け取りました。実際にはギターは2006年の半ばに完成して、その頃私は海外転勤中となっていたので仲の良い日本の楽器店に頼んで受け取ってもらい、実際ギターと対面したのはその年の暮れだったと思います。

当初の仕様からは、かなり無料でアップグレードになっていましたので、私の想いがジーンに伝わって彼が応えてくれたのかなと思っています。チェンバー構造となっているので音はセミアコ風であり、でもブリッジPUで歪ませるとジーン・ベイカーらしい明るい突き抜けるような音が出てきます。今思うと本当によくもこのギターが手元にあるなぁー、と不思議な気持ちになります。




   ◆   ◆   ◆

これまた凄いエピソード。人と人との縁ですなあ。人柄も伝わってくるようなお話でほっこりします。ジーン・ベイカーと言えばグッピー腹仕様のマスタービルドのストラトを持っていましたが、太めのネックの鳴りが凄かった記憶があります。金欠で手放しちゃったけど…。(JMN統括編集長 烏丸)

★皆さんの楽器を紹介させてください

「俺の楽器・私の愛機」コーナーでは、皆さんご自慢の楽器を募集しています。BARKS楽器人編集部までガンガンお寄せください。編集部のコメントとともにご紹介させていただきますので、以下の要素をお待ちしております。

(1)投稿タイトル
 (例)必死にバイトしてやっと買った憧れのジャガー
 (例)絵を書いたら世界一かわいくなったカリンバ
(2)楽器名(ブランド・モデル名)
 (例)トラヴィス・ビーン TB-1000
 (例)自作タンバリン 手作り3号
(3)お名前 所在 年齢
 (例)練習嫌いさん 静岡県 21歳
 (例)山田太郎さん 北区赤羽市 X歳
(4)説明・自慢トーク
 ※文章量問いません。エピソード/こだわり/自慢ポイントなど、何でも構いません。パッションあふれる投稿をお待ちしております。
(5)写真
 ※最大5枚まで

●応募フォーム:https://forms.gle/XX72yo6Ph3BwqQHE9

◆【俺の楽器・私の愛機】まとめページ
この記事をツイート

この記事の関連情報