ニルヴァーナ・ファン、GPS機能を使ったサイクリングで『Nevermind』のジャケ写を再現

ツイート

オーストラリア在住のニルヴァーナ・ファン、Pete Stokesさんが、『Nevermind』のリリース30周年を祝い、GPS機能を活用したサイクリングで同作のジャケ写を再現してみせた。

◆関連画像

Stokesさんは、ランニングやサイクリングの経路をGPSにより追跡できるStravaのマッピング・サービスを利用し、自転車でアデレード市内を8時間26分かけ、150.2キロ走行することで、地図にあの有名なアートワークを描き出すことに成功した。

彼は9月24日、「Nevermind、30年前の今日、リリースされた。いまだあらゆる面でやられる」と、その画像をインスタグラムで公開した。「このアルバムがリリースされたとき、僕は高校生だった。14歳くらいだったと思う。そのとき、音楽への愛が形成されたんだ」と『The Guardian』紙に話している。





Stokesさんはこれまでに同じ手法で、ピンク・フロイドの『The Dark Side Of The Moon』のアートワーク、ベートーヴェンの肖像画、ネズミカンガルー、ドラゴンなども描いてきた。

『Nevermind』は11月、30周年記念エディションがリリースされる。


Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報