マイク・ポートノイ、ザ・ワイナリー・ドッグス新作の制作状況を報告

ツイート

マイク・ポートノイが、彼とMR.BIGのビリー・シーン(B)、元ポイズン/MR. BIGのリッチー・コッツェン(G)からなるザ・ワイナリー・ドッグスのニュー・アルバムの制作状況について、Sirius XMのラジオ番組『Trunk Nation With Eddie Trunk』のインタビューの中で報告した。

◆ザ・ワイナリー・ドッグス画像

「素晴らしいサウンドだよ。僕ら再び、楽しみながら共作している。夏の間、7月と8月にそれぞれ10日間のセッションをやったんだ。ビリーと僕が、LAにあるリッチーのホーム・スタジオへ行った。曲を作り、ドラムをレコーディングした。ああ、曲作りは終わった。僕のドラムもね。10~11曲、クールな曲のアイディアが浮かんだ。曲は素晴らしいよ。最高だ。僕ら、ワクワクしている。でも僕ら、のんびりやるつもりだ。世の中は、まだ不確かなことが多過ぎるからね。締め切りなしでやるよ」

ポートノイは8月終わりから9月初めにかけて、シーン、コッツェンとの3ショットやスタジオで撮影した写真を何度かインスタグラムに投稿していた。



ザ・ワイナリー・ドッグスは2012年に結成され、スタジオ・アルバムは新作で3作目となる。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報