RED ORCA、東京・大阪で初ワンマン&新曲リリース決定

ツイート

RED ORCAが11月に東京と大阪でワンマンライブ<RED ORCA LIVE 2021 “Crow from the sun”>を開催する。

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、2020年4月に予定していたワンマンライブが中止となったRED ORCA。彼らにとって今回が初のワンマンライブとなり、東京公演は11月25日に東京・SHIBUYA CLUB QUATTROで、大阪公演は11月30日に大阪・UMEDA CLUB QUATTROで定められたガイドラインを遵守のうえ、感染拡大防止策を徹底して開催される。

チケットのオフィシャル先行は10月4日よりスタート。オリジナルグッズ付きチケットとなっており、他では手に入らないグッズが手に入る機会となる。ツアータイトルの「Crow from the sun」は、すでにフェスで披露している新曲からつけられたものだという。同曲は10月22日にリリースされる予定だ。

RED ORCAは金子ノブアキ、来門、PABLO(Pay money To my Pain, POLPO)、葛城京太郎、草間敬、同道公祐によるプロジェクト。最新のアーティスト写真も公開され、メンバーの背景から朝日が差し込む構図は、ライブの開催と新曲リリースへ向けた力強い意志が表現されている。

ライブ情報

<RED ORCA LIVE 2021 “Crow from the sun”>
2021年
11月25日(木)東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
11月30日(火)大阪・UMEDA CLUB QUATTRO

[チケット]
前売り¥6,900(グッズ付き・ドリンク代別)
オフィシャル先行:2021年10月4日(月)〜10月17日(日)

リリース情報

Digital Single「Crow from the sun」
2021年10月22日(金)デジタルリリース予定

この記事をツイート

この記事の関連情報