<Tokyo Crossover/Jazz Festival 2021>、開催決定

ツイート

ジャズを中心に、ファンク、ディスコ、ヒップ・ホップ、ハウスをクロスオーバーする 日本発信のイベント<Tokyo Crossover/Jazz Festival 2021>の開催が7年の沈黙を破って決定した。

◆<Tokyo Crossover/Jazz Festival 2021> 関連画像

ヘッドライナーは山下洋輔との共演で知られるジャズ・レジェンド森山威男。また世界が羨むMURO、DJ NORI、KOCO a.k.a. SHIMOKITA、松浦俊夫らも出演し、世界基準の国内 DJ &ミュージシャンが結集する。

■発起人・沖野修也 コメント

Tokyo Crossover/Jazz Festival 略してTCJF(ティー・シー・ジェイ・エフ)が復活します。

2020年初頭にも某レコード会社と組んで開催を目論んでいたのですが、コロナの流行で話は断ち消えに……。2020年後半には2021年に東京(日本)と高雄(台湾)の共催案が浮上するもののこれも2022年に延期……。


ターニング・ポイントは、2021年5月29日の代官山UNITで行われたDJ KAWASAKIのアルバム・リリース・パーティーでした。あのイベントを僕は、TCJF presentsと題し、密かに復活を予感させる狼煙を上げます。そして、イベント中に、僕は確信したのです。ミュージシャンもオーディエンスも求めていたのはこれなんだ!と。

コロナ禍で動画配信という新しいフォーマットでのDJやライブの視聴の可能性は広がりました。ただ、目の前で人が演奏しているのを目撃し、全身で音を浴びる快感は何物にも代えられない!と再認識したのです。音楽を爆音で聴いて踊ることの喜び。ソーシャル・ディスタンス・ルールで距離はあったものの見渡せば、同じ音楽を愛好する仲間達の姿が自分を囲んでいる。僕たちは決して一人じゃない。音楽は不要不急??いや、音楽は至急必要だ!!とさえ僕は強く思ったのです。

だらだらと続く緊急事態宣言を脱し、すぐにでもこの状態に戻さないとライブ・ハウスもナイト・クラブも人の心も死んでしまう!!と僕の本音が脳裏に鳴り響きました。その日から、僕は静かに、そして、慎重に動き始めたのです。

非常事態宣言が解除されないままだけれど、音楽関係者の雇用を守るにはどうすればということも考えました。国のガイドラインを遵守し、感染症対策を十分に講じて、イベントを開催する……。そして、3ヶ月後の事態の好転を祈ってTCJFを復活させるという決断に踏み切りました。勿論、変異株による感染拡大で余談を許さない状況であることは理解しています。最悪のケース(中止)を考えつつ、今、動き出さないと開催可能な場合に告知や様々な手配に手遅れになります。今、動き出さないと、多分、今年は何も起こらないでしょう。

しかも、来年1月末に閉店を発表したageHaで、年内の週末で会場と僕の予定が合うのは11月20日のみ。TCJF最高の集客を記録したageHaであの興奮をもう一度!と夢見るのは僕だけではない筈。もう、TCJFをageHaでは出来なくなるのですから……。

この7年で音楽シーンは大きく変わりました。もしTCJFが存続していたなら出演オファーをかけていただろうアーティスト達が急成⻑を遂げ、大型フェスに出演するようになったのです

。Kamasi Washington, The Internet, Tom Misch, Hiatus Kaiyote, The Roomに遊びに来てくれていたアーティスト達がグラミー賞を受賞しました。Thundercat, Mono Neon, Cory Henry(コーリーは受賞してから遊びに来てくれたタイプだけれど)彼らの楽曲を僕は自分の番組“JAZZ ain't Jazz”でずっとサポートして来ました。番組内の名物企画、“架空の夏フェス”という回の放送に彼らを起用?したこともあるのです。そのJAZZ ain't JAZZも7年前に始まり、去年終わってしまいましたけれど……。この7年でロンドンの若いミュージシャンが注目されるようにもなりました。Kamaal WilliamsにもJoe Armon-JonesにもAshley Henryにも会いました。Nubya GarciaやMoses Boydのライブも観ました。Shabaka HutchingsはThe Roomにも遊びに来てくれました。どう考えても僕の目に狂いはなかったし、今こそジャズとクロスオーバー・ミュージックの祭典を再び立ち上げる時期であることは間違いないと思います。但し、そこには招聘の壁が立ちはだかります。今の日本に外国勢を呼ぶのは困難……。

この夏、NYで、ロンドンで、そしてクロアチアで行われた僕の知人や友人が参加するフェスの告知を見て僕はうなだれました。そして、色々な意味で取り残された気持ちになりました。海外ではもう旬のアーティストから大御所までが勢揃いしているのです。そこで僕は考えました。それらのフェスに呼ばれてもおかしくない日本人アクトを集めれば世界が観たいと思えるフェスになるんじゃないかなと。招聘できないハンデを逆手に取って世界が羨むようなライン・アップを組めばいいんだと!

和ジャズのレジェンドから、僕の海外の友人達が熱望する日本人DJまでを網羅。第一回目から世界基準を謳って来たTCJFだからこそ、復活する今年は国内勢でそれをクリアしてみせる!という結論に至りました。勿論、この僕の野望はブッキングとしては実現すると思います。

そして、開催に向けて走り出しますが、当日まで乗り越えないといけないハードルはいくつもある事でしょう。繰り返しになりますが、行政から該当するイベントの中止要請が出た場合は、TCJFを中止します。会場が使えなくなった場合も中止する予定です。又、開催するにあたっては、最新の各種ガイドラインを遵守し、感染防止対策を徹底します。

中止のリスクを視野に入れながらもとにかく今は開催を目指して動きます。感染拡大の沈静化を祈るだけでなく関係各位への働きかけ、また関係者やファンへの呼びかけも必要となるでしょう。音楽を止めない、そして、人間らしい生活を守る為にも実行委員会と開催に向けて様々な努力に取り組みます。新木場ageHaでみなさんにお会い出来ることを楽しみにしています。──2021年8月20日 Tokyo Crossover/Jazz Festival 発起人 沖野修也


<Tokyo Crossover/Jazz Festival 2021>

2021年11月20日(土)
■PRICE|料金
DOOR|当日 : \6,000 (中高校生入場無料(別途 1drink/¥500)、小学生以下入場無料 / 要保護者同伴) ADVANCE TICKETS|前売券:\5,000
□ BUY TICKETS / 10/2(土)販売開始〜イベント前日 23:59 まで販売
チケット購入サイト:
・ チケットぴあ : 0570-02-9999 / P コード 205-049
・ ローソンチケット : L コード 71749
・ CN プレイガイド : 0570-08-9999
・ e+ : eplus.jp
・ ZAIKO : tokyocrossoverjazzfestival.zaiko.io/e/ageha2021
□配信チケット
ARENA-LIVE ステージ生配信チケット /10/2(土)販売開始〜11/23(火・祝) 21:00 まで販売)
□ BUY TICKETS
・ ZAIKO tokyocrossoverjazzfestival.zaiko.io/e/ageha2021
・ 2 ステージ通しチケット (18:00-19:00、20:30-21:30 /Total 120min) :¥2,500
・ KYOTO JAZZ SEXTET feat.森山威男/TAKEO MORIYAMA (20:30-21:30 / 60min) :¥2,000
・ DJ KAWASAKI Live Set feat.sauce81,多和田えみ,彩菜 (18:00-19:00 / 60min) :¥1,000
(アーカイブ配信期間 : 2021.11.23(火・祝) 23:59 まで)

■VIP TABLE
ask : reserve@ageha.com

■LINE UP
【ARENA】

■LIVE
KYOTO JAZZ SEXTET feat.森山威男
[沖野修也(se/mc), 平戶祐介(p), 小泉 P 克人(b), 類家心平(tp), 栗原健(sax)]

DJ KAWASAKI LIVE SET feat.sauce81,多和田えみ,彩菜
[⻄岡ヒデロー [VenueVincent, Central] (tp, per), 池田憲一[ ROOT SOUL](b), 大舘哲太 [Jaribu
Afrobeat Arkestra](g), 栗原健 (sax), 藤村美緒 [MIOMATIC] (tp), 白根佳尚(dr), タケウチカズタケ [A Hundred Birds](key), 石川雅道 [QASB](key), 有坂美香(cho), Emiko Smile(cho)]


■DJ
CAPTAIN VINYL ( DJ NORI+MURO )
松浦 俊夫
DJ KOCO a.k.a. SHIMOKITA
夜ジャズ (須永辰緒 (sunaga t experience) , 吉永祐介&櫻井喜次郎)

【ISLAND】

■DJ
Mitsu the Beats (GAGLE / Jazzy Sport)
DJ SARASA
野崎良太(Jazztronik)
Breakthrough ( DJ JIN(RHYMESTER) , Masaya Fantasista (Jazzy Sport) , Koba Trench )
Tsubaki fm ( Masaki Tamura , Souta Raw , Midori Aoyama )
■DANCER
Broken Sport (Jazzy Sport)

【WATER】

■DJ
黑田大介(kickin)
HONEY DRIPPIN' ( KASHI DA HANDSOME , DA STIMPY , D.A.I. )
CHAMP ( YOSUKE TOMINAGA , OIBON , 大塚広子 , 四丁目 , HICKEY , MASATO NAKAJIMA , A-BEAT a.k.a. Charlie )
Soul Matters (島 晃一 , JINI , kent niszw , Kurozumi )

【Box】

■DJ
瀧見憲司
CMYK ( ENDONAO , Kirioka )
Peter & Atsu(B-LIB/楽)
NoNations ( Tonydot , shajka jo , Leo Gabriel , Mizuki , Kita )

【STAR BAR】

■DJ
NʼDea Davenport
Yoshihiro Okino ( Kyoto Jazz Massive )
⻘野賢一
M.O.E & BIB
ISOZAKI TAICHI
discoSARA
*出演エリアが変更になる場合がございます。

□主催・企画・制作
Tokyo Crossover/Jazz Festival 2021 実行委員会

<Tokyo Crossover/Jazz Festival 2021 Online Pre-Party>概要

2021年10月21日(木)
OPEN ‒ CLOSE 21:00 - 23:00
PRICE|料金 配信チケット:1,000円
BUY TICKETS (10/7 (木) 10:00 販売開始 〜 10/24(日) 21:00 まで販売)
チケット購入サイト:
・ ZAIKO :https://tokyocrossoverjazzfestival.zaiko.io/e/pre-party
配信コンテンツ
Shuya Okino & DJ KAWASAKI Back to Back DJ Set !
PA Live : Emi Tawata ,Mio Fujimura (MIOMATIC)

◆<Tokyo Crossover/Jazz Festival 2021> オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報