全米アルバム・チャート、ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインが1位

ツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパー、ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインのサード・アルバム『Sincerely, Kentrell』が初登場で1位に輝いた。ミックステープ『AI YoungBoy 2』(2019年)、『38 Baby 2』(2020年)、セカンド・アルバム『Top』(2020年)に次ぐ4作目の全米No.1となった。

◆ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン画像

この3年間(2019年、2020年、2021年)毎年、全米1位を獲得しているアーティストはテイラー・スウィフトに続き2人目。ラッパーでは初だという。ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインは、最新作に本名の“Kentrell”を入れた。彼は今月20日に22歳の誕生日を迎える。

先週まで3週連続で首位をキープしていたドレイクの『Certified Lover Boy』は2位に後退。リル・ナズ・Xのファースト・アルバム『MONTERO』が2位から3位へ1ランク・ダウンした。

今週は動きが小さく、新たにトップ10入りしたのは、ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインのアルバムのみだった。



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報