全英アルバム・チャート、ザ・スクリプトがベスト盤で6作目の1位

ツイート

今週のUKアルバム・チャートは、アイルランドの3ピース・バンド、ザ・スクリプト初のベスト盤『Tales From The Script: Greatest Hits』が初登場で1位を獲得した。ザ・スクリプトはこれまで発表してきた6枚のスタジオ・アルバムのうち英国では5枚が1位に輝いており、これで6作目の全英No.1アルバムとなった。本国アイルランドでは、7作全てが1位を獲得している。

◆全英チャート 関連画像

2位にはスペシャルズが制作したカヴァー・アルバム『Protest Songs 1924-2012』が初登場。3位に、ロジャー・テイラーの6作目のソロ・アルバム『Outsider』がチャート・インした。ロジャーにとってソロで初のトップ10ヒットとなった。

今週は新作ラッシュで、トップ3に加え、トニー・ベネット&レディー・ガガの『Love For Sale』が6位、映画007シリーズの新作『No Time To Die』のハンス・ジマーによるサウンドトラックが7位、英国人のラッパーPotter Payperのミックステープ『Thanks For Waiting』が8位に初登場した。



シングル・チャートは、エド・シーランの「Shivers」が4週連続で1位を獲得。エルトン・ジョンとデュア・リパのコラボ「Cold Heart (PNAU Remix)」が3週連続で2位をキープし、ナイジェリア出身のアーティストCkayの「love nwantiti (ah ah ah)」が先週の4位から1ランク浮上した。

アルバム・チャートと違い、動きが小さかった今週、新たにトップ10入りした曲はなかった。




Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報