ボブ・マーリー愛用アコギ、発売開始

ツイート

「Three Little Birds」「Is This Love」「Jamming」といった名曲を生み出したボブ・マーリーが作曲時に愛用していたギルド製Madeira A-20が、GUILD「A-20 Bob Marley」として再登場、2021年10月12日に発売開始となった。


このアコースティック・ギターは、ボブ・マーリーが愛用していたマデイラの基本スペックがそのまま踏襲されながらも、ヘッド・ブランドがMadeiraからスクリプト・ロゴが用いられたヴィンテージギルドに刷新され、52,800円(税込)というリーズナブルな価格で現代に蘇ったものだ。


トップはスプルース、バック&サイドはマホガニーのドレッドノートサイズ、648mmスケールで、オリジナルが細めのVネックだったところがCシェイプとなっている点も現代的にリファインされたポイントだ。ピックガードにはボブ・マーリーのサインが、12フレットにはMARLEYのスクリプト・インレイが入っており、個性も際立っている。指板とブリッジはパーフェロー、ナットとサドルはボーン製で、フィニッシュはマット・ポリウレタンだ。限定特典として、リサイクル・ナイロン製のMarley X Guildギグバッグ、特製ブックレット、3枚のカスタムギターピック、限定ポスターが付属する。

なお、ボブ・マーリーの音楽の哲学を尊重し継承すべく、世界的な森林再生を支援するためにOne Tree Plantedと提携し、このA-20 Bob Marleyが作られるたびに1本の木が植えられる。



GUILD A-20 Bob Marley

2021年10月12日発売
52,800円(税込)
トップ:ソリッドシトカスプルース
バック&サイド:マホガニー
ネック:マホガニー
指板:パーフェロー
ブリッジ:パーフェロー
フィニッシュ:マット・ポリウレタン
付属品:オリジナルギグバッグ、ピック、ポスター、限定ブックレット(英語)


◆GUILD A-20 Bob Marleyオフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報