21世紀に入りUKのテレビ/ラジオで最も音楽が流れた女性アーティスト・トップ20

ツイート

英国の著作権管理団体PPL(Phonographic Performance Limited)が、21世紀に入ってからの約20年間で、UKのテレビ、ラジオから最も曲が流れた女性アーティストのランキングを発表した。

◆関連画像

トップに輝いたのは、ピンクだった。彼女は2000年にデビュー以来、これまでに8枚のスタジオ・アルバムを発表し、「Most Girls」「Lady Marmalade」「Get The Party Started」「Just Like A Pill」「Feel Good Time」「So What」など数多くのヒット曲が誕生。レコード・セールスでは彼女を上回る女性アーティストは他にもいるものの、この20年間でのエアプレーにおいては1番人気となった。

女性アーティストでは世界一の売り上げを誇るマドンナが2位、3位にケイティ・ペリーと続き、英国人ではアデルが最高位の6位につけた。

PPLが発表した<21世紀、UKで最もプレイされた女性アーティスト>トップ20は以下のとおり。

1. ピンク
2. マドンナ
3. ケイティ・ペリー
4. リアーナ
5. レディー・ガガ
6. アデル
7. ビヨンセ
8. カイリー・ミノーグ
9. リトル・ミックス
10. ホイットニー・ヒューストン
11. テイラー・スウィフト
12. シュガーベイブス
13. ケリー・クラークソン
14. デュア・リパ
15. エリー・ゴールディング
16. クリスティーナ・アギレラ
17. ダイアナ・ロス
18. ジェス・グリン
19. リタ・オラ
20. アリアナ・グランデ



Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報