ホワイト・ライズ、クラウディウス・ミッテンドーファーとエド・ブラーをプロデュースに起用した6th AL『As I Try Not To Fall Apart』リリース

ツイート

ホワイト・ライズはPIASより2022年2月18日、6枚目のアルバム『As I Try Not To Fall Apart』をリリースすることをアナウンスした。

◆ホワイト・ライズ 関連動画&画像


ウェスト・ロンドンにあるスタジオ、SleeperとAssault & Batteryでレコーディングされたこのアルバムは、クラウディウス・ミッテンドーファー(ウィーザー、パニック・アット・ザ・ディスコ)がアルバム全体のプロデュースとミキシングをおこない、バンドのデビュー・アルバム『To Lose My Life…』他、幾つかのアルバムを手掛けたエド・ブラーも数曲を手掛けた。ロック、エレクトロポップ、プログレ、ファンクの要素を取り入れ、耳に残るフックを沢山含んだ『As I Try Not To Fall Apart』は、これまでで最も広大なレコードとなった。剃刀の様な鋭いフック、ダークでウィットのある歌詞、大胆なシンガロング、風通しの良いサウンドスケープ、ダイナミックなインストルメンテーションなど、彼らの優れた点をそのキャリア全体から抽出したようなアルバムと言えよう。


『As I Try Not To Fall Apart』

2022年2月18日(金)
品番:未定[CD/国内流通仕様] 定価:未定ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
■収録曲目:
1. Am I Really Going To Die
2. As I Try Not To Fall Apart
3. Breathe
4. I Don’t Want To Go To Mars
5. Step Outside
6. Roll December
7. Ragworm
8. Blue Drift
9. The End
10. There Is No Cure For It

◆ホワイト・ライズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報