イールズ、PJハーヴェイのジョン・パリッシュと共同プロデュースとなる14th AL『Extreme Witchcraft』完成

ツイート

2022年1月28日、イールズは14枚目のアルバム『Extreme Witchcraft』をPIAS/E Works Recordsよりリリースする。

◆イールズ 関連動画&画像


イールズのリーダーであるEことマーク・オリバー・エヴェレットは、PJ ハーヴェイのプロデューサー/ギタリスト、ジョン・パリッシュとの共同プロデュースでアルバムを制作。これは2001年のアルバム『Souljacker』以来、初めて二人が一緒にレコーディングした作品となる。

「ジョン・パリッシュは、僕が今まで出会った中でも最も落ち着いて礼儀正しい人の一人で、真の紳士だ。しかし、スタジオに入るとマッド・サイエンティストになる。ジョンと一緒に音楽を作ると、他の誰もが出来ないものを手に入れることができる。彼は本当にユニークなツールボックスと音楽に対しての展望を持っている。彼の礼儀正しさは、ミスター・ハイドが研究室を離れている時に彼を管理下に置くためのメカニズムだ」とEは語る。

イールズはシーンの中でも最も一貫して高く評価されているキャリアを持っている。Eの絶え間なく変化するプロジェクトとして、1996年のデビュー・アルバム『Beautiful Freak』以来、13枚のスタジオ・アルバムをリリース。2008年には高く評価された書籍『Things the Grandchildren Should Know』を刊行。受賞歴もあるParallel Worldsによる量子物理学者の父、ヒュー・エヴェレット3世に関するドキュメンタリー、『Parallel Lives』にも出演している。2020年の最新アルバム『Earth to Dora』も幅広く賞賛され、The Independentは「これまでで最もスウィートなアルバム」と評価。MOJOとNMEでは4つ星のレヴューを獲得した。


『Extreme Witchcraft』

2022年1月28日(金)
EWORKS123CDJ[CD/国内流通仕様] ¥2,400+税
ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ

■収録曲目:
1. Amateur Hour
2. Good Night On Earth
3. Strawberries & Popcorn
4. Steam Engine
5. Grandfather Clock Strikes Twelve
6. Stumbling Bee
7. The Magic
8. Better Living Through Desperation
9. So Anyway
10. What It Isn’t

◆イールズ オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報