【ライブレポート】双極スペクトラム、1周年ワンマン開催決定。さらなる高みへ

ツイート

10月8日、双極スペクトラム主催イベント<IKUSABITO之宴>が東京・TSUTAYA O-EASTで開催された。

◆ライブ画像(12枚)

この日のライブは、田嶋はる・ゆう・あきの生誕を記念して行われたもので、総勢17組のアイドルグループが集結。多彩なステージで、3人のバースデーを祝福した。

トップバッターのNEVERLANDに続き、FAiRY PLAY、CL♣VER、ドリーミーバブルズが順に登場。通常の衣装ではなく、田嶋はる・ゆう・あきの生誕記念Tシャツを着て、爽やかで可愛い印象の曲を披露した。続いて登場した秘密結社ニルヴァージュ∀、SPadE-logiC、Melty×Mellow、eye scream、Scapegoatは、元気の良さと個性が光るステージを展開。イベント序盤から会場を盛大に盛り上げた。



双極スペクトラムの出番になると、記念Tシャツ姿の田嶋はる、禊、ゆう、あきの4人がステージへ登場。1曲目「千年恋歌-五月雨-」で勢いをつけ、続く「Call of Destiny ~幻想の未来とその果てに~」では、田嶋はると禊が力強いラップを響かせた。また、田嶋はるの「全員踊れ!」という合図から「オオカミ男と月兎」が始まると、メンバーもファンも大きく身体を揺らす。ライブ中の声出しはまだ禁止されているものの、会場一体となって楽しむ姿が広がっていた。



会場の熱気そのままに、パワフルなステージを展開したBLACKSHEEP SYNDROME.、▷せーぶぽいんと、NiA。▷せーぶぽいんとのステージでは、「本格中華君攻略法」の衣装を纏ったあきが特別参戦し一緒に踊るというレアな企画もあり、ファンの注目を集めた。キミノウィルス、.DOLL、X-BORDER、ピーターパンシンドロームも、コンセプチュアルな曲を届けるなど、グループ各々の強みでファンを魅了した。

再びステージに姿を現した双極スペクトラム。1部のラフなスタイルから一変、バックバンドのメンバーと新メンバーを迎え、新曲「無常論」の衣装で華やかに登場した。ほかのアイドルグループとは違う、双極スペクトラムの大きな魅力の一つは、バンドの生演奏をバックに歌とダンスを披露することだ。ワンマンライブでは、この独自のスタイルが定着しているのだが、イベントでは初めての試みということで、彼らのライブを初めて見る人にもインパクトを与えたのではないだろうか。

バックバンドを務めるのは、Shuka(G/ヤミテラ)と綾人(G)、みっちー(B)、神崎流空P(Dr)。そして、新メンバーとして加入したのは、ヴィジュアル系バンド・怪盗戦隊ヌスムンジャーのまさとだ。持病の悪化により、この日ステージに上がることができなかったシズキに代わり、期間限定で緊急加入することになったまさと。他のメンバーとの調和を大切にしながら、堂々としたパフォーマンスを見せてくれた。


MCでは「メンバーが付きっきりで教えてくれて、深夜まで練習しました」というまさとの発言に対し、「そういうこと言わないでよ。双極スペクトラムは、真面目な部分は出さないようにしてるんだから(笑)」と、禊がすかさず突っ込みを入れる一幕も。加入したばかりのまさとだが、元ジャニーズJr.という経歴もさることながら、努力と持ち前の元気の良さが相まって、メンバーとも自然と打ち解けていた。

その後も「盲目信教BANBAN罪」「Chu-in trip realize」と、息の合ったパフォーマンスを届け、ラストは、他の出演者からも人気を集めているノリの良いナンバー「愛情欲求シンドローム」で会場を大いに盛り上げた。


結成前から色んな苦労や葛藤がありつつも、前向きに突き進んできた双極スペクトラム。キャパの広い会場にもどんどんチャレンジし、着実にステップアップしてきた。そんな彼らに新たなミッションが出されたのは、ライブが終わり、お祝いのケーキとともに写真撮影をしようと、会場が和やかムード一色になっていたとき。


写真のシャッターがきられる寸前で、なぜか場内が暗転。突然の出来事に動揺するも、なにやらスクリーンに映し出されている。まずは、「TSUTAYA O-EAST 完全SOLD OUT THANK YOU!」の文字。続けて、1月20日、新宿BLAZEにて、シズキ生誕主催イベントが開催されることが告知された。


そして最後に「2月8日(火) 双極スペクトラム1周年ワンマン『君のための物語』TSUTAYA O-EAST」と、スクリーンいっぱいに大きく打ち出された。再び場内の照明が明るくなると、「え?何!?俺らマジで聞いてないよ」とメンバーがざわついている横で、プロデューサーの神崎が「この前決まったばっかりだから、伝えようか迷ったんだけど…何も知らず、『次はここでワンマンやりたいよね』って話してるお前ら可愛くて(笑)」と、笑顔で一言。


デビューライブも、2カ月前のTSUTAYA O-EASTでのライブもそうだが、発表された直後は、少し不安そうな表情を浮かべたり冗談を言ってふざけたりするものの、いざとなれば目標に向かって必死に頑張ることができる双極スペクトラムのメンバーたち。そんな彼らだからこそ、困ったときや辛いときも、手を差し伸べてくれる人が周りにたくさんいるのだろう。4カ月後の今日、この場所でまた最高な景色が見られることを期待したい。


写真◎上野宏幸
文◎藤代冬馬

セットリスト

1部
01. 千年恋歌-五月雨-
02. Call of Destiny ~幻想の未来とその果てに~
03. オオカミ男と月兎

2部
01. 無常論
02. 月詠センチメンタル
03. あのね
04. モトムポエム、エゴイズム
05. 盲目信教BANBAN罪
06. Chu-in trip realize
07. 愛情欲求シンドローム

ライブ情報

<君と僕のフェス。vol.0>
2021年11月9日(火)横浜1000CLUB

<TOKYO SAKE FESTIVAL 2021>
2021年12月18日(土)秋葉原UDX AKIBA

<シヅキ生誕主催対バン 「CathArsis〜永久に厨二病であれ〜」>
2022年1月20日(木)新宿BLAZE

< 双極スペクトラム1周年ワンマン 【君のための物語】>
2022年2月8日(火)TSUTAYA O-EAST

◆双極スペクトラム オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報