坂本龍一、最新ライブ音源をCD&アナログレコードで同時リリース

ツイート
Photo by zakkubalan (c)2020 Kab Inc.

坂本龍一のベスト選曲とも言える最新ライブ音源『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』が、CDとアナログレコードで同時リリースされた。

坂本龍一は2020年12月12日、無観客のオンラインピアノソロコンサート<Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020>を開催。ライブ演出をRhizomatiks、撮影監督をZakkubalanが担当し、都内のスタジオから世界同時配信を行った。 このライブはアーカイブなしの一夜限りの配信だったため、二度と視聴することができない貴重な内容となった。

今回この音源を、一年後の同日2021年12月12日にリリースすることが決定。坂本龍一のベスト選曲とも言えるセットリストであり、最新ライブ音源。だ。今作にはTBSテレビ『終戦76年プロジェクト つなぐ、つながる』キャンペーンのテーマ曲として使用された「Merry Christmas Mr. Lawrence - version 2020」や、今年3月末に発売した『2020S』 BOXセットでのみ聴くことができた、無印良品のCM曲「MUJI2020」も収録されている。 さらに初回限定生産の特別盤には、ピアノ譜面「Aqua」「MUJI2020」が同梱される。

『Ryuichi Sakamoto: Playing the Piano 12122020』

発売日:2021年12月12日
予約:http://avex.lnk.to/playing_the_piano

■CD特別盤(初回生産限定盤)
規格番号:RZCM-77476
価格:税込¥6,600(¥6,000)
・高音質CD
・ピアノ譜面付:「Aqua」「MUJI2020」
・ライナーノーツ:大貫妙子氏(音楽家)・藤原帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)・ZAK氏(サウンドエンジニア)
・特殊仕様パッケージ

■CD通常盤
規格番号:RZCM-77479
価格:税込¥3,300(¥3,000)
・ライナーノーツ:大貫妙子氏(音楽家)・藤原帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)・ZAK氏(サウンドエンジニア)

■アナログレコード(数量限定盤LP2枚組)
規格番号:RZJM-77477~8
価格:税込¥7,480(¥6,800)
・ライナーノーツ:大貫妙子氏(音楽家)・藤原帰一氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)・ZAK氏(サウンドエンジニア)

・収録曲(全15曲)
1. Andata
2. Bibo no Aozora
3. Aqua
4. Aubade 2020
5. Aoneko no Torso
6. Mizu no Naka no Bagatelle
7. Before Long
8. Perspective
9. Energy Flow
10. The Sheltering Sky
11. The Last Emperor
12. The Seed And The Sower
13. Merry Christmas Mr. Lawrence
14. MUJI2020
15. Improvisation - 20201212
この記事をツイート

この記事の関連情報