米津玄師、国内アーティストとして初めて「YouTube ショート」広告キャンペーンに参加

ツイート


米津玄師が、国内アーティストとして初めて「YouTube ショート」広告キャンペーンに参加する。

YouTubeは2021年、「YouTubeショート」の広告キャンペーンを開始し、7月には本キャンペーンのグローバル版にBTS、ザ・ウィークエンド、カミラ・カベロ、ドージャ・キャットが参加。このたび日本でのローンチを迎え、その第一弾アーティストとして米津玄師の「Pale Blue」が起用されることになった。

本キャンペーンは、スマートフォン1台で撮影、編集、投稿ができるYouTube ショートを使って、ユーザーが思い思いのショート動画を作成できる機能を紹介するキャンペーン。YouTube ショートは、音楽を追加することはもちろん、YouTube動画で使用されている音声(一部の動画)を自身のショート動画に追加したりして楽しむことができる。約2ヶ月間にわたり、日本国内のアーティスト及びZ世代に人気のコンテンツを起用したデジタルCMを放映するほか、同機能を使ったユーザー参加型の動画投稿キャンペーンも実施されるということだ。

本キャンペーンのデジタルCMでは、最新シングル「Pale Blue」に合わせてユーザーが自由に演奏したり、歌ったりした短尺動画となっている。













この記事をツイート

この記事の関連情報