コード・オレンジ、新ドラマーはマイク・ポートノイの息子

ツイート


コード・オレンジは、謎のドラマーを迎え、9月終わりからスリップノットの<Knotfest Roadshow>北米ツアーに出演してきたが、今週、そのドラマーの正体が明かされた。

◆コード・オレンジ画像

一部のファンが推測していたとおり、マイク・ポートノイの息子で、Tallahというニュー・メタル・バンドのドラマーでもあるマックス・ポートノイだった。彼本人が「MUD MAX」と、マスク姿の写真をインスタグラムに投稿することで、身分を明かした。バンドも同時期、「m u d m a xを紹介」と別の写真をツイートしている。

両者とも、マックスが正式に加入したのか、ツアー・メンバーなのか、その立場については説明していない。





コード・オレンジは最新アルバム『Underneath』(2020年)リリース後、ドラマーのJami Morganがライヴではヴォーカルに専念することになったため、ドラムをプレイするのを止め、Ethan Youngが代理を務めていた。

正体を明かしたことについては、マックス本人やバンドより父マイクのほうが饒舌で、「これは内緒にしておくのが最も大変な秘密の1つだった…。スリップノットと一緒のコード・オレンジの現行のツアーでドラムをプレイしているのはマックスだって、ようやく公にでき、俺はすごく興奮している。機会があれば、彼を観に行ってほしい! 俺は彼のことをとても誇りに思っている。彼は毎晩、バンドと大暴れ!」と、コメントしている。



Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報