フィニアス、ソロ・デビューAL『Optimist』から「The Love is Pain」MV公開

ツイート


ビリー・アイリッシュの実の兄として知られるフィニアスが、ソロ・デビュー・アルバム『Optimist』をリリースした。

フィニアス自身が全ての作詞・作曲・プロデュースした13曲入りの本作には、先日発表された「The 90s」、「A Concert Six Months From Now」、「What They’ll Say About Us」に加え、未発表曲が10曲収録されている。さらに、同アルバムの収録曲「The Love is Pain」のミュージック・ビデオも公開された。アルバムのフォーカス・トラックでもある同楽曲では、「頭がどうにかなりそうになる / なぜなら愛は苦しみだから」などの心のこもったセリフを、鍵盤の音が優しく包み込むナンバー。この曲について、フィニアスは「この曲は、愛がどれほど苦しく、心が痛むかを歌っている。私は、大人の恋愛についての曲を書きたかったんだ。誰かを愛せば愛するほど、その人はあなたに心の傷を負わせる能力を持っているんだと思う」と語っている。



また、『Optimist』からファンに何を感じ取ってほしいか、については、「私の望みは、どこかの国の子供がこの曲を聴いて、『これはまさに僕が今感じていることだ』と思ってくれること。自分の好きな音楽を聴くときはそう思うんだ。個人的には、学べば学ぶほど分からなくなっていくような気がする。だから、今は本当にラッキーだと思っているし、将来についても楽観的だよ」と述べたということ。なお、このデビュー・アルバムは日本盤も発売されている。

アルバム『Optimist』


2021年10月15日発売
UICS-1381 2,750円(税込)
『オプティミスト』の視聴はこちら:https://umj.lnk.to/FINNEAS_Optimist

■トラックリスト
A Concert Six Months From Now ア・コンサート・シックス・マンス・フロム・ナウ
The Kids Are All Dying ザ・キッズ・アー・オール・ダイイング
Happy Now ハッピー・ナウ
Only A Lifetime オンリー・ア・ライフタイム
The 90s ザ・ナインティーズ
Love Is Pain ラヴ・イズ・ペイン 
Peaches Etude ピーチズ・エチュード
Hurt Locker ハート・ロッカー
Medieval ミディーヴァル
Someone Else’s Star サムワン・エルシズ・スター
Around My Neck アラウンド・マイ・ネック
What They’ll Say About Us ホワット・ゼイル・セイ・アバウト・アス
How It Ends ハウ・イット・エンズ

この記事をツイート

この記事の関連情報