ロブ・ハルフォード、癌闘病公表で、ファンからの愛に感謝

ツイート
Photo by Sam Erickson

最近、昨年春に前立腺癌と診断され治療を受けていたことを公表したジューダス・プリーストのフロントマン、ロブ・ハルフォードが、これを知ったファンから寄せられている愛や支援に感謝した。

◆ロブ・ハルフォード画像

ハルフォードは週末、入院していたときに撮影したらしいデビル・ホーンズの写真をインスタグラムに投稿し、「みんな、愛をありがとう」と感謝し、「前立腺、検査しろ」と呼び掛けた。「健康で、ファイト、恐れる必要はない、f**k癌、愛、家族、友人、ファンたち」などのハッシュタグを付けている。



ハルフォードは、先週、『Heavy Consequence』のインタビューで「1年前、癌とちょっとした闘いをしていた。克服し、いまは寛解期にある。有難いことだ」と明かした。闘病の詳細については、最近、再出版された自伝『Confess』(オリジナルは2020年出版)のペーパーバック版に加筆している。

切除手術、放射線治療を受け、今年6月に問題なしと診断されたという。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報