京都クラブシーンの今を網羅するコンパイルEPシリーズ第二弾『FLIGHT WORKS selection 002』リリース

ツイート


京都のエレクトロレーベル「Flight Works」プロデュースにより、京都クラブシーンの今を網羅するコンパイルEPシリーズ第二弾『FLIGHT WORKS selection 002』が10月20日(水)にリリースされる。本作は、HIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタルリリースをサポートしている。

Flight Worksは京都アンダーグラウンドシーンのエレクトロユニット、omni sightが手掛けるエレクトロレーベルとして始動。今作は、そのローンチを記念して地元京都のクラブカルチャーに根ざすアーティストのみで構成されたlabel selection e.p.の4ヶ月連続企画の第二弾である。

本作のリードトラックは、softをはじめとする京都アンダーグラウンドの重要プロジェクトに常に名を連ね、自身の作品もUKのレジェンドDJ、Jane FitzによってBoiler Roomでプレイされるなど評価は海外にまで及ぶKNDによる「Chunta」。ティザー・ミュージックビデオも本日公開されており、同じく京都クラブシーンを支える映像作家、VJ CRACKWORKSによる高解像で有機的なデジタル映像と、KNDの立体的な音響とが融合している。



その他にも、京都アンダーグラウンド最深部でのみ活動し、キャリア初リリースという、その全容は謎に包まれた音響ミニマルテクノユニットR3による空間造形的なサウンドデザイン、世界観が既に貫禄漂う完成度の「Acontium」を収録。また、Hiroyuki Arakawaが主宰するテクノレーベル“SPECTRA”のコンペティションで楽曲がグランプリを受賞し、北欧シーンを牽引してきたレーベル“Tronic”からリリースしたトラックはBeatportで複数チャートインするなど、京都をベースにしながらもワールドワイドに評価を獲得しているDJ・トラックメイカーのHisashi Aochiによる「Stuck」を収録している。





  ◆  ◆  ◆

【アーティストコメント】
“Chunta”
「鳥が捉える感覚(飛行感/眼に映る景色、その躍動感/磁気 等)のタイム感や情報的なイメージを、サウンドに置き換え、そのレイヤーをデザインしたもの。」
──KND



“Acontium”
「鳥のように自由に赴くままにアンビエンスとミニマルの淵を静かに深く滑空する。録りためた世界のフィールド音を織り込み、時空をも超えていくイメージ。我々、初の音源となります。よろしくお願いします」
──R3



“Stuck”
「テクノでもハウスでもない、ミステリアスなムード」は淡い記憶の中で今も輝き続ける。
本作は自身が学生時代にレコードを収集したレーベル『Basic Channel』から着想を得たダブ。
ブルージーなシンセスタブに空間系のエフェクトを多用して構成された。また、『The BEST Blueberry Pie』という料理番組の解説からボイスサンプリングを行い、ユーモアを含ませたのもポイント。
繰り返される退廃的な切り取られたメッセージには、COVID-19の中で活動を続けるシーンの「葛藤」を投影した。
かつて、デトロイトとシカゴのサウンドを取り入れ、ベルリンで産声を上げた『Basic Channel』、そのルーツとなるブルース的なアプローチをこの『Flight Works VA』で試みた」
──Hisashi Aochi



  ◆  ◆  ◆

『FLIGHT WORKS selection 002』

Release: 2021.10.20.
Format: Digital
Label:Flight Works

Track:
1. Chunta
2. Acontium
3. Stuck

配信リンク
https://friendship.lnk.to/FW002
※リンク内の内容は10/20 0:00のリリース以降に更新されます。

『FLIGHT WORKS selection 001』
配信リンク
https://friendship.lnk.to/FW001

この記事をツイート

この記事の関連情報