ロックの殿堂、ポール・マッカートニーがフー・ファイターズのプレゼンターに

ツイート
(C)Mary McCartney

Rock & Roll Hall Of Fameは月曜日(10月18日)、今月末開催されるロックの殿堂の式典で、殿堂入りするアーティストの功績を紹介するプレゼンターやスペシャル・パフォーマーたちのリスト第1弾を告知した。

◆関連画像

ティナ・ターナーは、彼女のバイオグラフィ映画『TINA ティナ』(1993年)でティナを演じたアンジェラ・バセットがプレゼンターを務め、クリスティーナ・アギレラ、ミッキー・ガイトン、H.E.R.、ブライアン・アダムスによるパフォーマンスがある。

キャロル・キングのプレゼンターはテイラー・スウィフト、ゴーゴーズは女優のドリュー・バリモア、フー・ファイターズはポール・マッカートニーから功績を称えられ、殿堂入りする。テイラーは、ジェニファー・ハドソンと共にキングのためにパフォーマンスもする。

また、アーメット・アーティガン賞を受賞するClarence Avantのプレゼンターはライオネル・リッチーが務める。

2021年は彼らほか、トッド・ラングレン、ジェイ・Zが殿堂入りし、クラフトワーク、チャーリー・パットン、ギル・スコット・ヘロンがアーリー・インフルエンス賞、LL・クール・J、ビリー・プレストン、ランディ・ローズがミュージカル・エクセレンス賞で称えられる。彼らのプレゼンターは今後、発表される。



式典は10月30日に開催され、11月20日にHBOネットワークで放送、配信される。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報