ジョニー・グリーンウッド、ダイアナ妃の映画『スペンサー』から楽曲公開

ツイート


離婚を決意するに至ったダイアナ妃の姿を描いた映画『Spencer』のサウンドトラックから、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドが手掛けた楽曲の1つ「Crucifix」の音源が公開された。

◆関連画像、動画

『Spencer』では、1991年、英王室所有の別邸サンドリンガム・ハウスでクリスマス休暇を過ごす中、離婚を決断するダイアナ妃の様子を描いている。『ザ・クラブ』(2015年)、ジャクリーン・ケネディの伝記映画『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(2016年)などを制作してきたパブロ・ララインが監督し、クリステン・スチュワートがダイアナ妃、ジャック・ファーシングがチャールズ皇太子を演じている。

映画は11月5日に英国で劇場公開され、サウンドトラックはその1週間後の12日にリリースされる。





ジョニー・グリーンウッドはこれまで『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007年)、『ノルウェイの森』(2010年)、『ザ・マスター』(2012年)、『ファントム・スレッド』(2017年)などの映画音楽を手掛けており、『ファントム・スレッド』でアカデミー賞作曲賞の候補に挙がった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報