ヤマハ、浜松市楽器博物館との共同展示「Real Sound Viewing 筑前琵琶演奏再現」を開催

ツイート

ヤマハが、伝統楽器の奏者の演奏を“真空パック”のように保存し、楽器の生音と映像でリアルに再現する「Real Sound Viewing 筑前琵琶演奏再現」を浜松市楽器博物館で開催する。

この展示は、同博物館で現在開催中の企画展「琵琶~こころとかたちの物語~」の一環として実施され、展示している琵琶本体の“生音”と背景の大型画面に映し出すリアルな等身大映像によって筑前琵琶の演奏を体感することができる。2021年10月28日(木)~12月7日(火)まで開催される。

これは、ヤマハが“ライブの真空パック”をコンセプトに技術開発を進めている、アーティストの演奏を保存し再現するシステム「Real Sound Viewing(リアルサウンドビューイング)」を用いたもの。奏者が演奏した音をデジタル化し、そのデータを細かい振動へと変換する装置を琵琶に取り付けて実際に楽器を振動させることで、琵琶の自動演奏を実現。力強い響きから繊細な余韻まで忠実に再現した楽器の「生の音」による演奏音と、奏者のリアルな等身大映像を組み合わせることで、あたかも目の前で実際に演奏が行われているかのような臨場感あふれるバーチャルステージを体感できる。

さらに、筑前琵琶への理解を深めるため、上映中の演目の語りの譜面をモニターに表示して、物語の盛り上がりとともに演奏が力強くなる様子が視覚的にも感じられる展示を行う。初めて見る人でも、物語に合わせて演奏するという特徴を持つ筑前琵琶の世界をより深く体験できるようになっている。

文化的資産として楽器を蓄積してきた浜松市楽器博物館と、事業を通じて生まれた「Real Sound Viewing」をはじめとするさまざまな技術を保有するヤマハが連携し、有形の文化財としての楽器だけでなく、その楽器による演奏をそのまま保存し展示することで、楽器本来の魅力を伝えるとともに、奏でられる音楽そのものも後世に伝え残していくことを目指しているという。

開催概要

<楽器博物館×ヤマハ共同展示「Real Sound Viewing 筑前琵琶演奏再現」>
2021年年10月28日(木)~12月7日(火)
※休館日:毎月第2・4水曜日(祝日の場合は翌日)、館内整理・施設点検日、その他臨時休館日
会場:浜松市楽器博物館 地下1階 天空ホール
(静岡県浜松市中区中央3-9-1)
観覧料:楽器博物館の常設展観覧料のみでご覧いただけます
演目:「本能寺」
演奏: 鈴木旭明(筑前琵琶日本橘会)
※演奏者本人の出演・登壇はありません
ウェブサイト:https://www.gakkihaku.jp/
この記事をツイート

この記事の関連情報