【インタビュー】Kroi、「憂鬱を摂取して“充電”してる様子を抜き取りたい」

ツイート

■「Juden」は、また新しい何かを見つけられそうだなって曲

──「Balmy Life」には「混乱から逃れる術どこ」という歌詞がありましたが、「Juden」でも「止めなきゃ日々Confusion」と書いていますね。これも混乱の意味でいいですか?

内田:そうですね。この曲は劇中劇みたいな構造になっています。人間たちのストーリーがあって、さらにその外枠でストーリーを消費してる人間たちのことも書いている。その二つの境を曖昧にして、混乱しているのがどっちなのかわからなくしています。「Juden」みたいなカオスな構造の楽曲には、こういう頭の中が破裂しそうってリリックの方が親和性があると思います。



──他にこの曲に込められた意味はありますか?

内田:最近の人って、作品を通じて自分の中に憂鬱を取り込むのが多くなっていると思うんです。昔は、自分の生活が暗いから明るい曲を聴いて元気をもらうっていうのが多かった。でも今は、逆にその作品から憂鬱をもらうのがスタンダード化してるんです。

──なるほど。

内田:そういうリリックやアーティストが増えてきた。だんだん表現がネガティブになってるし、その方が重く伝わりやすい。けど、それが日常を変えるためにどういう作用を及ぼしているのか、考えても答えが出なかったんですよ。それで、わからないけど、とりあえずそこを抜き取ってみようと。その憂鬱を摂取して“充電”してる様子を抜き取りたいと思って書いた曲です。

──憂鬱の摂取と言われてピンときました。たとえば昔のディスコとかとは大分違いますよね。

内田:俺が高校生ぐらいの頃も、あっけらかんとした明るい歌詞書くのはダサいと思ってて、それを引きずって暗い歌詞を書いています。でも、それも最近ダサいなと思い始めて(笑)。聞いてくれた人に憂鬱を接種させるのは、お涙ちょうだい的なものを感じるんですよ。だから、また新しい何かを見つけられそうだなって曲でもありますね(笑)。


──「Rafflesia」はロッキッシュですね。

内田:バンドで、それもKroiなりの表現で、ドラムンベースをやってみました。多分、益田さんは今までこんな速いビートを叩いてなかった(笑)。

益田:うん(笑)。でも、ドラムンベースっぽいミックスじゃなくて、ちゃんとバンドっぽくなってます。仰られたような、ロックなイメージも彷彿とさせるミックスで面白いですよね。

内田:レコーディングの後半に歌詞をたくさん書かないといけなくなって、時間ないんだよねって言ったら、益田さんから歌詞が送られてきたんです。益田さんと初めて一緒に作詞した曲でもありますね。

──「blueberry」は、以前の作品にもあった、ジャムの名前をタイトルにしたインストのジャムセッションですよね。今回はブルーベリー。「Juden」もそうでしたが、この曲にもついフュージョンを読み込んでしまいます。

千葉:俺が鍵盤やると全部フュージョンになっちゃうんですよ(笑)。

益田:千葉さんめちゃくちゃ好きだよね(笑)。

関:毎回インタビューで一回は言われるよね。フュージョンを感じたみたいな(笑)。


──「Juden」と「blueberry」は特に感じましたね。ファーストアルバムはフュージョンよりもファンクの色の方が強く出てると思いましたけど。

関:今回のEPは実機をそんなに多用してないし、いなたいサウンドにはなってないですね。『LENS』はむしろ生っぽさを意識した曲が多いので、その差がかなり出てるかもしれない。

千葉:僕も今回実機で入れたのは「WATAGUMO」のエレピと「pith」のクラビネットぐらいです。あとはもう全部打ち込み。

内田:意外とビートが肝だと思います。今までの楽曲よりも音数的に細かいビートのアプローチが多い。そうやってブラッシュアップしたサウンドが、フュージョン的なところに収まった気がする。

──あと、「blueberry」はジャジーな感じもあって、以前のジャムとも少し違うような感じもしました。

益田:怜央と千葉さんはジャズがブームっていうのもあるんじゃない?

千葉:ブームというか、フュージョンやるならジャズ知っとかなきゃってところですかね。

──制作期間中は以前よりもジャズを聞いてましたか?

千葉:どうだろう。でも、管よりも鍵盤主体のジャズをしっかり聞くようになったかもしれないですね。自分のプレーに生かせるように。

──ちなみに誰ですか?

千葉:一番聴いてるピアニストはケニー・バロン。あとはウィントン・ケリーとかですかね。割とクラシックな感じ。フォープレイはいまだに聴いてます(笑)。

──やっぱりフュージョンが(笑)。そのフュージョンを感じる理由の一つに、ギターもあるかなと思いました。

長谷部:俺はそんなに通ってないですね。聞くのはスタッフぐらいです。コーネル・デュプリーとエリック・ゲイルが好きなギタリストなので。そこに影響されてフュージョン感が出てるかもしれないですけど。

千葉:決まったフレーズっていうか、怜央がデモで入れてきたフレーズは割とフュージョンっぽい感じがする。

内田:「Juden」の最初の決め打ちだったりとか。

千葉:そこはあるかもですね。


──「おなじだと」はいかがですか?

内田:この曲だけ最新デモじゃなくて「Balmy Life」と同じ時期のやつなんです。あらためてみんなでスタジオで聴いたら、すごい良かったので、今回録りました。

千葉:フュージョンっぽくはないと思いますよ(笑)。ここら辺から徐々にフュージョンみが薄れていくかもしれない。

関:これも展開が面白い。構成によってキャラクターが移り変わっていく楽曲だと思います。

──「WATAGUMO」は一番メロウな曲ですが、意識されたことはありますか?

内田:無理してオシャレな曲を作ろうと思いました(笑)。新しいことをしていくという意味で。俺らはつい泥臭いファンクとか、そっちの方向になっちゃう。でも、それとは違う、音質的にも聴覚的にも気持ちいいって思わせる楽曲をテーマにして書きました。

関:一応今回はこの曲がリード曲です。これまではアッパーな曲がリードになっていたんですが、今回はチルめというか、メロウな感じのリードにしたいって怜央が言ってましたね。


──少しローファイ・ヒップホップとかも頭をよぎりました。

千葉:ビートのアプローチはそっち系です。

内田:デモ出しのテーマがローファイっぽかったんですよね。リードのために4曲ぐらい書いたけど、どれもローファイな感じでした。その中から選んだのがこの曲です。ずっとネオソウルみたいなのをやりたくて。でも、それをそのままやっちゃうのだけはよくないと思ったし、新しい方向性で聞かせるためにみんなで試行錯誤しました。

──たしかに、今ストレートなネオソウルってやりにくそうですもんね。それよりもアンビエントにするか、ローファイに行くかって感じがします。

千葉:でも、怜央からはいい音で聞かせたい、気持ちいい音像にしたいって言われてたんで、ミックスはあまりローファイとか考えずにやりました。

──このEPには、CDだけでなくライヴDVDもセットになったバージョンもありますね。ツアー<凹凸>の追加公演、リキッドルームでのライヴが収録されていますが、あの日のライヴを振り返ってみて今思うことは?

関:Kroiのミュージックビデオの監督や、今回の『nerd』のジャケも担当していただいた新保さんに、このツアーファイナルだけ会場の装飾やカメラワークも考えていただきました。それで映像作品としても楽しめるライヴになった。あと、リキッドルームでのライヴを目標にしているバンドって多いと思うんですよ。そこでワンマンライヴをできた感慨深さもあります。こういうご時世ではありますけど、あれだけのお客さんが集まってライヴを楽しんでくれて、すごく嬉しい経験でした。



──EPのリリースは11月17日で、その後は対バンツアーも控えてますね。

関:対バンツアーの<Dig the Deep>は、自分たちがインディー時代からやっている企画の延長線で。コロナ禍の前は、ポップアップ・ショップが出店していたり、いろんなカルチャーがごちゃまぜになったイベントでした。今のご時世的にそれはできないけど、できる限り自分たちと離れた世代やジャンルの人たちと対バンをすることで、ご来場いただいた方がより刺激を得られるようにしたいです。

──ゲストのバラエティがとても豊かですね。

関:在日ファンクさんみたいにホーン・セクションがいるバンド、あとはバンド形態ではないどんぐりずみたいな2人組のユニットだったり、そういういろんな方向性で音楽を表現している人たちの存在を、できる限り多くのリスナーに広げたいですね。それがこのツアーのテーマです。


──最後にツアーの意気込みをお願いします。

益田:諸先輩方に切り込みたいと思います! よろしくお願いいたします!

内田:そんな格好でそんなカッコいいこと言うなよ(笑)。

一同:爆笑

取材・文◎島晃一
撮影◎いわなびとん


■「Juden」先行配信情報
https://lnk.to/Juden_kroiPR

New EP『nerd』

2021年11月17日(水)発売
配信:https://lnk.to/nerd_KroiPR
■CD Only / PCCA6094 / 1,650円(tax in)
■CD+DVD / PCCA.6093 / 3,300円(tax in)

[CD収録曲(全6曲)]
M1.Juden
M2.pith
M3.Rafflesia
M4.blueberry
M5.おなじだと
M6.WATAGUMO

[DVD収録内容(全19曲)]
Major 1st Album『LENS』Release Tour “凹凸” from 2021.08.27 LIQUIDROOM
01. dart
02. Mr. Foundation
03. Balmy Life
04. sanso
05. shift command
06. a force
07. Monster Play
08. ichijiku
09. Custard
10. selva
11. Page
12. 帰路
13. Pirarucu
14. 侵攻
15. 夜明け
16. Network
17. HORN
18. Shincha
19. Fire Brain

[CDショップ 予約購入先着特典]
■TOWER RECORDS全店(オンライン含む):マスクストラップ
■Loppi・HMV全店(HMV&BOOKS online含む):缶バッチ
■Amazon:メガジャケ
■楽天ブックス:アクリルキーホルダー
■その他法人:ミニステッカー

※全国のCDショップにて2021年11月17日(水)発売NewEP「nerd」をご予約・ご購入のお客様に、先着で上記オリジナル特典をプレゼント。
各店舗でご用意している特典数量には限りがございますので、お早目のご予約をおすすめいたします。
※特典は数に限りがございますので、発売前でも特典プレゼントを終了する可能性がございます。
※一部取り扱いの無い店舗やウェブサイトがございます。ご予約・ご購入の際には、各店舗の店頭または各サイトの告知にて、特典の有無をご確認ください。

■<Kroi Live Tour 2021-2022 “Dig the Deep”>

2021年11月27日(土)福岡・Drum Be-1 w/どんぐりず
2021年12月11日(土)愛知・名古屋 CLUB QUATTRO w/韻シスト
2021年12月16日(木)北海道・札幌PENNY LANE 24 w/CHAI
2021年12月18日(土)大阪・梅田 CLUB QUATTRO w/ニガミ17才
2022年1月8日(土)東京・渋谷 CLUB QUATTRO w/マハラージャン
2022年1月9日(日)東京・渋谷 CLUB QUATTRO w/在日ファンク
特設サイト:https://kroi.net/digthedeep/

■TICKET
ADVANCE ¥4,800(+DRINK)

[ファミリーマート先行]
受付期間:~10月25日(水)23:59
受付URL:https://w.pia.jp/t/kroi-t/
受付枚数:1公演につき、お一人様2枚まで
受付方法:抽選

■注意事項/備考
※未就学児入場不可 ※電子チケットのみ/同行者情報取得

▼新型コロナウィルス感染症に関する注意事項
・新型コロナウィルス感染症の著しい状況悪化、または行政の指導、規定変更などにより公演開催が困難な場合は止むを得ず公演中止の判断をする場合がございます。
・当日の会場での検温結果によりご入場をお断りする場合がございます。
・体調不良、または濃厚接触者の可能性があり来場が困難となった場合、また運営側でご入場不可と判断させて頂いた場合でもチケットの払い戻しは行いません。

この記事をツイート

この記事の関連情報