【インタビュー】sleepyhead「感傷的に世界を見る人生を終わりにしたい」

ツイート

■“終わり=マイナス”っていう考え方はちょっと違うなって
■ずっと思っていたことがより浮き彫りになってきた


──「酸欠都市」というタイトルもそうですが、「死んでも良い」にも“こんな地球の中じゃ 窒息しそう”という歌詞が出てきますよね。息苦しさというのは今の時代を象徴しているのかなと。

武瑠:「酸欠都市」のサビの歌詞は変えていないんですが、《どうしようと関係ないよ 「こうしたい」の格子外へどうぞ》という箇所はコロナの世界になってアップデートしていますね。“こうしたい”だけじゃどうにもならないから、そこから1回解き放たれて、今、この瞬間、楽しいことを探したっていいんじゃない?って。「BABY BABY」の《偉くても偉くなくても 貧乏もお金持ちも 探すまでもないほど 間違いだらけ 笑えるね》というところも書き直しました。

──ちなみに今作のために書き下ろした楽曲は?

武瑠:「白痴美」、「highway to the twilight prod.IOF」「NIGHT PARADE prod.Ben Neary」の3曲は最後に書き加えました。小説のストーリー的にも“この部分にこういう曲が必要だから書こうって。「白痴美」はコロナじゃないと生まれなかった曲ですね。

──「白痴美」はミュージックビデオも強烈ですね。

武瑠:そうですね。コロナがなかったら、ここまでダークな曲は生まれなかったと思います。この1年ぐらいで安楽死を認める国が増えたのにも興味があったし、終活で自分の死から逃げるんじゃなくて、ハッピーにエンタメに葬儀をしたいって考えるのって本来、前向きなことなんじゃないかなと思って。“終わり=マイナス”っていう考え方はちょっと違うなってずっと自分の中で思っていたことがより浮き彫りになってきたんですね。そういう観点から自殺ほう助団体がいて、外から見たらイカれてるんだけど、実は活動理念は意外と誠実っていう団体がいたらウケるなって妄想して書いた曲ですね。自分個人はそういう考え方に賛成でも反対でもなく、極端な思想には嫌悪感を感じるほうですけど、ワクチンのことは書きたかったので“話題沸騰の方舟は 実は未完成らしいよ”って歌っているんです。


──ワクチンのことを書いていたんですね。

武瑠:けっこうダイレクトに書いてみました。未完成っていうのは間違いないと思うので。

──歌詞は全体に武瑠さんの感性の鋭さ、言葉選びのセンスが出ているなと改めて思いました。

武瑠:ホントですか。世の中的にはもうちょっと緩い感じが求められているんだろうなと思いながら書きました。

──ちなみにサウンドはコロナの影響で変化しました?

武瑠:同じことをサイン会でファンにも聞かれたんですが、言われて聴き直したらライブを意識しないで作ってるなとは思いました。最初のアルバム『DRIPPING』のサウンドはどこかでバンドのファンを置いていかないようにしようと思っていたんですけど、今作は音源での表現に徹していますね。そもそもsleepyheadを始動させた時点でこういうサウンドを目指したかったんだけど、ライブも意識していたんだろうなって。それと大事にしたのは言葉とメロディを活かすアレンジ。そういう意味では後悔のないアルバムになりましたね。

──コラボしたギタリストについても聞きたいんですが「rain one step feat.Ichika Nito」ではIchikaさんと「感傷終末世界 feat.圭」では圭さんがフィーチャリングされていますね。

武瑠:2〜3年ぐらい前にIchikaと遊んで泊まった帰りに「どうせなら一緒に何か作ります?」って話になったのがキッカケで、「このボイスメモにギターとトラックつけて」ってお願いしたんですよ。リリースまでの間にTOKIというトラックメイカーと知り合ったのでトラックは彼に任せて、2年ぐらいかけて完成させた曲です。

──どこかクラシカルなギターが美しいですね。

武瑠:一聴してIchikaのギターだとわかるアイデンティティの強さがありますね。

──アルバム全体は切ないトーンですが、「感傷終末世界 feat.圭」は後半に向かうに連れて熱量を増していくアプローチが印象的です。

武瑠:アルバムを締めくくる曲がなかなか決められなかったんですよ。最初は「死んでも良い」が最後だったんですが、書き終わった後に「感傷終末世界」をエンドロール的な立ち位置にしようって。この曲はトラックアレンジも含めて圭くんにお願いして、アルバムがほぼ完成した中、歌詞を書きました。“僕が神様でも きっと二人のこと 救わないかもね”というところはアルバム全体のキーワードになっている気がします。

──その二人は「BABY BABY」、「酸欠都市」と同じ人物なんじゃないかと思ったんですよね。

武瑠:途中、違う登場人物も出てきますが、基本、二人は同じですね。その二人が見る現代の物語です。

──なるほど。重要な曲「死んでも良い」には“死んでも良いから生き抜いて 不完全で良いから息抜いて”という歌詞が出てきますが、どんな想いを込めて放った言葉でしょうか?

武瑠:この曲も歌詞を変えたんですよ。最初は人生の辛いことをはねのけてプラスに変えていくような内容だったんですけど、ちょっと違うなって。“逃げてもいい”、“死んでもいい”ってハードルを下げた上で、“それでも生きる”っていう。生きなくちゃいけないじゃなく、死んでもいいのに生きる。そうあるべきなんじゃないかなと思って書き直しました。あえて“緊急事態”という言葉も入れちゃおうって。《人より独りに慣れなくって それでも一人に成り下がって 信じて頼って裏切られて だけど それでもまた信じて》という歌詞だけは当時、書いたまま残していますね。

──この曲はファンに向けたメッセージのようにも響いてきます。

武瑠:メッセージはいちばん最後ぐらいですよ。

──“誓う 再会の未来を”というところですか?

武瑠:そうですね。でも、それも「約束だって破ってもいいよ。ただ、その時に前向きになれるなら約束すればいいんじゃない」っていう。「立ち向かうことで折れちゃうなら立ち向かわなくていいよ」って。

──最後に12月4日に渋谷WOMBで開催されるライブ<酸欠都市>について今、イメージしていることを教えてください。

武瑠:ライブに対する考え方もかなり変わったんですよね。身構えなくなって、その時の自分のままでステージに立とうって。いいのか悪いのかはわからないけど、以前はライブが決まったらすごい緊張感を持って臨んでいたんですよ。息を止めて準備して、目標に向かって走って、ファイナルが終わったらやっと息を吸うみたいな感覚でいたんですけど、何度も中止になる中、これまでと同じやり方では向かえないなって。全部プランニングして本番にピークに持っていくようにしていたんですが、ライブが飛ぶと肉体的にも精神的にもぶっ壊れたりするので用意しすぎないようにって。竹のようにしなる精神でいないとって思うようになった。そこは今までと圧倒的に違いますね。

──緊急事態とか想定外のことがたくさん起きたから、100%全力で向かい合っていたら持たないなって?

武瑠:柔軟に向かうことが100%というか、変更になって打ちのめされることも含めて自分の責任だって受け止められるぐらいのキャパがないとって。

──これまでは先に先にって生き急いでいましたものね。

武瑠:そう。ずっと焦っていたけど、今、やりたいと思っていることが来年、どうなるかはわからないから今すぐに答えを出さなくてもいいのでは? って。こういう時代になって世界情勢にも目を向けるようになったし、日本の中でいうと今まで完全平和だった奇跡の時期を味わっていたんだなって。これからは、その上で何ができるの?って。その時期、その時期で新しいことをしたいという姿勢は変わらないと思います。

取材・文◎山本弘子


2nd Full Album『センチメンタルワールズエンド』

《通常盤》2021年9月15日発売
SACT-0012 / ¥3,300(税込)

[収録内容]

01. BABY BABY
02. 酸欠都市
03. highway to the twilight prod.IOF
04. NIGHT PARADE prod.Ben Neary
05. 君は誰の代わりに僕を抱く
06. rain one step feat.Ichika Nito
07. ぼくのじゃない
08. 暇乞い
09. 白痴美 prod.Mantra
10. 死んでも良い
11. 感傷終末世界 feat.圭

▲『センチメンタルワールズエンド』通常盤

ライブ・イベント情報

sleepyhead<awake to sanketsutoshi>
2021年11月16日(火)下北沢BASEMENTBAR
OPEN/START 18:30/19:00

【料金】
¥7,150-(税込)¥6,500-(税抜)
LIVE観覧のみ / DRINK代別

チケット販売受付URL
https://t.livepocket.jp/e/awaketosanketsutoshi
※予定枚数なくなり次第終了
※コンビニ受付終了 2021/11/15(月)23:59迄

イベント詳細:
http://sleepyhead.tokyo/schedule/2050/

sleepyhead<酸欠都市>
2021年12月4日(土)渋谷WOMB
[LIVE] OPEN/START 17:30/18:00
[TALK]19:30〜

【料金】
通常チケット¥7,150-(税込)¥6,500-(税抜)
LIVE観覧のみ / DRINK代別

チケット販売受付URL
https://t.livepocket.jp/e/sanketsutoshi
※予定枚数なくなり次第終了
※コンビニ受付終了 2021/12/3(金)23:59迄

イベント詳細:
http://sleepyhead.tokyo/schedule/2047/

この記事をツイート

この記事の関連情報