ジャスティン・ビーバー、「Ghost」撮影舞台裏映像の和訳動画が公開

ツイート


ジャスティン・ビーバーの最新アルバム『Justice』収録曲「Ghost」のミュージック・ビデオ撮影舞台裏の和訳動画が公開された。

このミュージック・ビデオには、女優のダイアン・キートンがジャスティンの母親役で出演。ビデオの中の彼女は夫を亡くし、ジャスティンが彼女を支えるという内容だ。「あなたに近づくことができないなら あなたの幽霊でもいい/どうしようもなくあなたが恋しい」という歌詞とビデオの内容がシンクロしたことで感動を呼び、YouTubeでは公開2週間で2100万回を超え、コメントには「私の父はコロナで亡くなりましたが、父のことを思って毎日車の中でこの曲を聴いていました。とても美しい曲です」「私は2018年に3歳だった子供を亡くしましたが、この曲は本当に癒してくれます」といった今はもう会えない人との想い出のコメントが数多く寄せられている。なお、和訳がついたミュージック・ビデオも公開中だ。





また、ジャスティンは、先日ノミネーションが発表された<MTV Video Music Awards>のヨーロッパ版として知られる<2021 MTV EMA>にて、今年最多となる全8部門にノミネートされた。中でも大ヒット曲「Peaches」とザ・キッド・ラロイとのコラボ曲「Stay」の2曲が、“最優秀楽曲賞”に同時ノミネートされており、<2021 MTV EMA>の授賞式は、日本時間の11月15日午前5時からハンガリーのパップ・ラズロ・ブダペスト・スポーツアリーナで開催される。

この記事をツイート

この記事の関連情報