「THE FIRST TAKE STAGE」セミファイナリストの小林右京、ソニー・ミュージックから配信デビュー

ツイート


一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」セミファイナリストの小林右京が、オーディションで唯一の100万回再生を記録した楽曲「顔が良いやつは音楽をやるな」の新バージョンで、11月3日(祝・水)にソニー・ミュージックより配信デビューする事が決定した。併せて、新ビジュアルも公開された。

小林右京は、現在大学4年生の22歳の新感覚シンガーソングライター、ユーチューバー。大学1年生の時に出演したNHK『のど自慢』本戦でのスピッツ「チェリー」の奇抜なパフォーマンスがネットで話題を集めた。2020年6月に「顔が良いやつは音楽をやるな」をTwitterとYouTubeから発信したところ、多くの共感を呼び、約90万再生のプチバズりを記録する。この曲は、友人の(当日は面識がなかった)シンガーソングライターをモデルに、ネットで見かけた“めちゃくちゃ顔が良い”、同じ苗字の彼に対するただの僻みから20分くらいで制作されたという、小林右京流の“世間に報われない人に捧ぐアンセム”。



昨年末、チャンネル登録者500万人を超える人気YouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」の一発撮りオーディション「THE FIRST TAKE STAGE」に応募し、約5,000組の応募者の中から、1次書類選考、2次オンライン選考、3次対面選考を通過。2021年5月22日、セミファイナリスト(3次選考通過者)14名発表のYouTubeプレミア公開時には、チャットが小林右京ファンのコメントで溢れかえり、「小林右京」というワードがTwitterのトレンド入り。弾き語りでの「顔が良いやつは音楽をやるな」の一発撮りのパフォーマンス動画が期間限定で公開され、約1ヶ月間で候補者の中で唯一100万回再生を記録した。





惜しくもオーディションは4次選考で敗退したが、公開された動画がレコード会社のスタッフの目に留まり、「この曲をリアレンジして、リリースしてみないか?」と声がかかり、ソニー・ミュージック内のREDから配信リリースする事が決定した。今回、サウンドとリリックをブラッシュアップした新バージョンのプロデュースとアレンジを後藤次利(元サディスティックミカバンド)が手掛け、ミュージシャンに現・山下達郎バンドの小笠原拓海(Dr)、佐橋佳幸(Gt)等を迎え、音楽マニアである小林右京からのリクエストによるメンバーが参加したセッションが実現。70年代後期ブラック・ミュージック/City Pop路線にリアレンジされた音源が完成した。

また「顔が良いやつは音楽をやるな」の新バージョン配信に先駆け、本日より、先行追加(Apple Musicのプレアド、Spotifyのプリセーブ)と、予約注文(iTunes Store、Amazon Musicのプレオーダー)が可能だ。



  ◆  ◆  ◆

【小林右京 コメント】
THE FIRST TAKEの動画を見たレコード会社の方から、フルアレンジバージョンをウチで出さないかとお声がけいただき、あれよあれよ話が進んでいくうちに何だか凄い事になってしまいました。大人が一丸となった本気の悪ふざけです。原曲の実家で録った弾き語りバージョンと聴き比べても楽しんでいただけると思います。デビュー作からアクセル、気合い、アウトローさが全開になりました。対戦よろしくお願いします。

【後藤次利(プロデューサー、ベーシスト) コメント】
温故知新とでも言うか、右京君の脳内に流れてる音楽は1970.1980年代から現代に至るまでの様々なジャンルの音が渦巻いてるようだ。しかもそれらを時代性、音楽性で区切ること無く、好き勝手に彼の脳内ミキサーにかけ独自の世界観を生み出してる。そこに共感を持ちアレンジ作業の起点となった。詞も愚痴SONGのようでありながら、ネガティヴとポジティブが入り混じった世界。きっと小林右京は言葉も音も思考も自分のスタンスも混沌としたあらゆるベクトルを楽しんでいるに違いない。

  ◆  ◆  ◆

小林右京「顔が良いやつは音楽をやるな」


2021年11月3日(祝・水)配信リリース
▼各音楽配信ストア・リンク
https://orcd.co/kobayashiukkyo

【参加ミュージシャン】
Bass&Programming:後藤次利 / Drums:小笠原拓海/ Piano:佐藤準 / Guitars:佐橋佳幸 / Sax:本多俊之 / Chorus:二宮愛

この記事をツイート

この記事の関連情報