W.A.S.P.、40周年記念ツアーで「叫び、血を流す」原点に回帰

ツイート


80年代にLAのメタル・シーンから飛び出したW.A.S.P.が、2022年、結成40周年を記念し世界ツアーを開催する。

◆W.A.S.P.画像

唯一のオリジナル・メンバー、フロントマンのブラッキー・ローレス(Vo,G)によると、ここで原点に戻るそうだ。彼は、「このW.A.S.P.40周年記念世界ツアーで、俺らは始まりに戻る。全てが始まったあの公演だ。俺らは炎と血で世界に衝撃を与えた。その手のショウは初めての世界ツアーでやったきりだった! 俺は叫び、血を流す。俺は何者かになりたいからだ(*ファースト・アルバムに収録された曲のタイトルI Wanna Be Somebody/悪魔の化身)! みんなを、始まりに連れ戻す!」と、コメントしている。

<40 Years Live>世界ツアーは2022年3月中旬にヨーロッパでスタートし、2ヶ月にわたり開催される。今後、アメリカほかの日程が発表される。



W.A.S.P.は1984年にセルフタイトルのファースト・アルバムを発表。これまでに15枚のスタジオ・アルバムをリリースしてきた。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報