グリフィン、ニュー・シングル「After You」発表

ツイート


グリフィンが、ニュー・シングル「After You」を発表し、自身が2021年に行ったショーなどの会場での映像をフィーチャーしたライフスタイル・ビデオも同時公開された。

大切な人を失った後の心情に焦点を当てている新曲「After You」にゲスト・ヴォーカルで参加しているのは、デビュー・アルバム『Gravity』収録曲でSpotifyのみで1億6000万回超えのストリーミング再生数を記録している「All You Need To Know」でも共演したスウェーデン人シンガーのカレ・レーマンだ。また共同プロデューサーには、楽曲「Love Is Gone」のバイラルヒットでも話題のスランダー(SLANDER)や2019年に行なった来日公演も話題となったイレニアム(Illenium)などとの共作で知られるジェイソン・ロス(Jason Ross)が迎えられている。

なお、「After You」はリモート環境で制作された楽曲。これについてグリフィンは次のように語っている。

  ◆  ◆  ◆

「この曲はカレとのZoomセッションで作られ、LAでのジェイソン・ロスとの数回に渡るセッションを経て、今の仕上がりになったんだ。懐かしい感じがして、すぐにこのレコードに惹かれたし、カレと再び共作するのに完璧な楽曲だと確信したよ」

  ◆  ◆  ◆





グリフィンは2021年に入り、多くのショーを既に敢行しており、この後にはカイゴやジョナス・ブルーなども出演する音楽フェスティバルの<Palm Tree Music Festival>や、自身のレジデンシーであるラスベガスの<XS Nightclub>などでのショーが予定されている。

この記事をツイート

この記事の関連情報