LL・クール・J、ロックの殿堂でエミネム、ジェニファー・ロペスと共演

ツイート

土曜日(10月30日)開かれたロックの殿堂の式典で、ミュージカル・エクセレンス賞を受賞したLL・クール・Jが、パフォーマンスでエミネム、ジェニファー・ロペスと共演した。

◆LL・クール・J画像

彼は、「Go Cut Creator Go」「Going Back To Cali」(一部)、「Rock The Bells」「I’m Bad」「All I Have」「Mama Said Knock You Out」をプレイし、「Rock The Bells」でエミネムと、ジェニファーの曲でもある「All I Have」で彼女本人とコラボしたという。

受賞のプレゼンターはドクター・ドレーが務めた。LL・クール・Jは、エミネム、ドレー、自身、ジェニファーの4人で撮った写真をインスタグラムに投稿し、「ロックの殿堂ヴァイブ。このクルーは僕の殿堂入りをとてもスペシャルなものにした」とコメントしている。







ドクター・ドレーは、LL・クール・Jの“LL”を、“Living Legend(生ける伝説)”の略と解釈できると評し、LL・クール・Jの功績を称えた。

本人は受賞のスピーチで、母、妻、子供、孫たちをはじめ、ドクター・ドレー、エミネム、ジェニファー、弁護士、スタッフ、マネージャー、そしてマーリー・マール、リック・ルービンといったプロデューサー、ラッセル・シモンズ、ファンらに感謝している。

Ako Suzuki

この記事をツイート

この記事の関連情報