AI、20周年ツアーが東京でファイナル「みんな、本当にありがとう」

ツイート

AIが11月1日、東京・東京国際フォーラム ホールAで20周年ツアーのファイナル公演<AI 20周年記念TOUR “IT’S ALL ME” FINAL 〜AI Birthday Special〜>を開催した。同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

◆AI 画像

   ◆   ◆   ◆

AIが11月1日、20周年ツアーのファイナル公演<AI 20周年記念TOUR “IT’S ALL ME” FINAL 〜AI Birthday Special〜>を東京国際フォーラム ホールAで開催した。彼女の誕生日(11月2日)の前日に行われたこのライブには、Awich、¥ellow Bucks、Mizkiがゲスト出演。「Believe」「ママへ」「Story」といった代表曲のほか、新曲「アルデバラン」(NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』主題歌)も初披露されるなど、まさにスペシャルなステージとなった。

ライブは「I Wanna Know」からスタート。《愛を広げて 今この世界へ》というラインが響いた「VOICE」、“お互いの違いを認め合おう”というテーマを掲げた「Not So Different」など、強いメッセージを込めた楽曲を次々と放ち、会場全体をAIの世界観で染め上げる。弦カルテットを交えたバンドの演奏も最高だ。

「みんなの顔を見るとヤバいので、精神統一してきました。みんな、本当にありがとう」という挨拶の後も、20年のキャリアを彩ってきた楽曲を披露。希望を持ち続けることの大切さを描いた「HOPE」、どんなときも“あなた”を大切に思っているよと語りかける「ギフト」、「バンドのメンバーに渡したら、セクシーになった(笑)」という「My Friend」、そして、自分を信じよう!と高らかに歌い上げた「Believe」。深く、強い感情を込めた楽曲が、凄腕のミュージシャンとともに生々しく表現される──これこそが、今回のアニバーサリーツアーの醍醐味だった。


ここからは、バンドメンバーを一人ずつフィーチャーし、歌、楽器、コーラスのセッションへ。ピアノ(持山翔子)、ヴァイオリン(岡部麿知)のクラシカルな音色とともに感情豊かなボーカリゼーションが響いた「Music Is My Life」、ブルースを感じさせるギター(マサ小浜)との共演による「LIFE」、そして、ベース(大神田智彦)のファンクネスをたたえたベースとAI、植松陽介、高橋あず美のゴスペル直系のハーモニーが共鳴した「ママへ」。さらにケニーのドラムソロからメンバー全員で「キラキラ」が演奏され、会場は温かい解放感に包まれた。

「心の声をくれ!」というMCに導かれた「みんながみんな英雄」から、ライブは早くもクライマックスへ。ホイットニー・ヒューストンの名曲「I Have Nothing」をダイナミックに歌唱した後、本編ラストの「Story」へ。イントロがはじまった瞬間に拍手が巻き起こり、《一人じゃないから》というサビのラインでは、観客が両手を上げ、身体を揺らしながら反応。その光景からは、20年という時間のなかで築いてきた、AIとオーディエンスの絆がはっきりと感じられた。

アンコールではゲストが次々と登場。まずはAIと同じマネージメントの後輩にあたるMizkiが「Into the Unknown」(『アナと雪の女王2』エンドソング)、新曲「River」を歌い、瑞々しいボーカルの魅力をアピールした。

さらに¥ellow Bucks、Awichと気鋭のラッパーが登場し、「THE MOMENT feat.¥ellow Bucks」、「Not So Different Remix feat.Awich」をコラボレーション。「人と一緒にやるのはやっぱりいいですね。教えられることや刺激もたくさんあって」というAIも大きな手ごたえを感じているようだった。




続いては新曲「アルデバラン」。ライブ当日(11月1日)に放送がスタートしたNHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』の主題歌として制作されたこの曲は、森山直太朗が作詞・作曲を担当。温かさと力強さを兼ね備えたメロディ、《笑って笑って 愛しい人》という歌詞は、観客ひとりひとりの胸を強く揺さぶったはずだ。ライブで、「アルデバラン」を披露するのは今回が初となった。

ここでAIの夫であるミュージシャンのHIROと、長女の平和ちゃんが、大きなケーキを携えて登場するサプライズ! 平和ちゃんが“ハッピーバースデー”を歌うと、客席から温かい拍手が送られた。



最後はもちろん「ハピネス」。《君が笑えば この世界中に/もっともっと幸せが広がる》というフレーズが会場を包み込み、豊かな感動が生まれる。アウトロではAIがバンドメンバーを改めて紹介。ライブバージョンのアレンジを手がけたNAOTOも姿を見せ、高揚感溢れるセッションへ。「ファイナルをやれて、本当によかったです。また近いうちに会いましょう!」という未来に向けた言葉とともに、記念すべきライブはエンディングを迎えた。

20年のキャリアのなかで生み出してきた名曲、代表曲を中心に、圧巻のステージを広げたAI。R&B、ヒップホップを中心とした奥深い音楽性、豊かなエモーションをたたえたボーカル、そして、真っ直ぐな優しさに溢れたメッセージはここから、さらに多くのリスナーの心に寄り添い、ハッピーなパワーを与えてくれるはずだ。


NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』主題歌の新曲「アルデバラン」は絶賛配信中。ぜひチェックしてほしい。

文◎森朋之
撮影◎上飯坂一

   ◆   ◆   ◆

デジタルシングル「アルデバラン」

2021年11月1日(月)12:00配信開始
https://lnk.to/AI_ald
(NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』主題歌)

『生歌唱生配信!!「アルデバラン」MV公開記念 LIVE&TALK STREAMING』

2021年11月5日(金)19:00〜20:00生配信
https://youtu.be/yw0lWTmPBMw

“「アルデバラン」(official video)”YouTubeプレミア公開

2021年11月5日(金)20:00〜公開
https://youtu.be/8IOSztadymc

関連リンク

◆AI リンク集
この記事をツイート

この記事の関連情報